トップページ | BABYMETALの基礎知識 »

2015年1月19日 (月)

BABYMETALの事を考える

 BABYMETALについて、日々考えている。
 私がハマったのは、昨年12月にNHKで放送された「BABYMETAL現象 ~世界が熱狂する理由~」を見たからで、まだ一ヶ月も経っていない。

 ただ、昨年7月にイギリスのメタルフェスに出演し、好評だったという報道を聞いて、少しずつ関心が向いていた。だから番組を予約してまで見ようとしたのだった。
 番組を見て以来、ネットで改めて情報を集め始め、このSonisphere 2014の、5万人もの観客、それもただの観客ではなくメタルファンという、アイドルとは相反する価値観を持つであろう人々を、ほぼ熱狂させているライヴを観て、完全にヤラレてしまった。

 BABYMETALは、今でも尚しばしばこう紹介される。
「アイドルとメタルの融合を目指す、メタル・ダンス・ユニット」

 しかし現在の彼女達は、この説明とは全く異なる領域に既に到達しているのだ。
 確かに元々は、そういう「仕掛け」として世に出た。
 しかし今は違うのだ。

 BABYMETALの事を考える度に想起する言葉がある。
「ネタから出たまこと」




 私は40年以上、洋楽を好んで聴いてきたし、自分でも演奏をする。
 ヘヴィ・メタル、ハードロックも聴くのだが、私は基本的には黒人音楽であるジャズやソウルの人間だ。

 BABYMETALは、当初はオケを流して口パクでパフォーマンスをする、今のアイドル流のステージをしていたのだが、エアーバンドを背後に揃え、数年前からは生のバンド「神バンド」の演奏をバックにパフォーマンスをしている。勿論ほぼ生歌である。
 NHKの番組を見た時に得た最大の衝撃はそれだった。
 アイドルでもあり、メタルバンドでもあったのだ。ネタではなく本当に。
 しかも、歌だけではなかったのだ。
 あれほど激しいダンスを全曲に渡ってやっているのが、とても信じられなかった。
 ステージで1曲演奏するだけで、どれだけ疲弊するかは自分自身がよく知っている。しかし彼女達の1曲での運動量は到底比較にならない。
 正直に言って、人間とは思えなかった程だ。

 あまりに疑問が肥大化した私は、某掲示板で古参の住人に訊ねた。
 どうして、中高生の女の子があれだけ激しいステージを出来るのかと。
 親切に教えてくれる人がいたが、ソロ曲が交互にあったり、ファンの間では「紙芝居」と呼ばれる映像ショーが差し挟まれるので、少しは途中で休憩が出来るのだと。最も大変なのは全曲で叩くドラマーではないかとも。(この事情も最近は変わってきているのだが)

 それにしても、アイドル然した、いやアイドルとしても未だ若い彼女達の見せるステージは、体力だけで何とかなるレベルではない。キレなどという言葉しか思いつかない自分が情けないのだが、これまで私が観た事のあるエンターテインメント・ショウのどれにも似ておらず、ある面ではこれを凌ぐものは無いとさえ思えた。

 なぜこんなグループが今いるのか。
 なぜ彼女達は世界の人々を惹きつけるのか。
 なぜ私は心奪われてしまったのか。

 それについて、どうしても書いておきたくなり、このブログを始める事にした。

 今は更新を止めているが、私は「浅田真央試論」というブログを書いていた。2013年の暮れから、2014年、ソチ・オリンピックに臨んだ、浅田真央の現役最後のシーズン(と当時は認識されていた。現在は『ハーフハーフ』で競技復帰の可能性もある)。それをリアルタイムで記述しておきたいという衝動で書いていた。

 このBABYMETALブログも、近い。いやBABYMETALの解散が近いなどという事では決してない。ただ、現在の17歳と15歳の少女達は既に4年程の期間を共に活動してきており、そして現在がある。結成当初と今は、基本的なコンセプト、本来彼女達が持っていたポテンシャルの高さに頼るのではなく、とてつもないハードワークと経験を持って、全く別の存在になったのだ。

 成長期にある彼女達の1年後は、更にまた進化して別の領域に踏み入るだろう。

 だから、「今」と「これまで」を書いておくべきだと思った。

 という事で、ほぼ文字だけのブログだが、こっそり始める事にしよう。

 

 

トップページ | BABYMETALの基礎知識 »

コメント

共感しながら拝見させてもらってます。魅力のひとつであるアウェイ満載の会場での成功が心打たれますよね。
ラウド13での公式等が荒れてからのLIVEでの最後のIDZの笑顔までがとても素敵でした。あれはとても素敵でした。

コメントありがとうございます。
そうした状況を後追いで、当時の実況スレなどを読んで追体験したいと思いつつ、やはりその瞬間の空気感というのは判らないところがあります。NHK新規としては口惜しいばかりです。

こんにちわ。
自分も最近ハマった者です(笑)
ブログの内容に全くの同感です!
最初は、興味なくて、若い子がアイドルとして変なことしてる、くらいに思っていて受け付けませんでした。
さすがにアイドルの応援する年齢ではないし・・・
でも、外国の人達が熱狂しているのを見て、動画を漁るうちに、中元すず香さんの圧倒的歌唱力とパフォーマンスに魅せられてしまい、ますます、動画を漁り、ますますハマっていく・・・とうとう、埼玉に見に行った、みんなと一緒に掛け声をかけてキツネサインしてました(笑)
いっしょに、応援していきましょう!
ちなみにツイッターとかはしてないんですか?

主様の論考にいつも共感し楽しませて戴いております。
海外の反応系サイトに著名?YoutuberがBABYMETALを見たリアクションをまとめた動画が紹介されていたのを見てギミチョコを知りソニスフィアでハマッた者です。
私が何よりも驚いたのは既知のアイドルのイメージを完璧に覆す姿です。
媚びや甘えは微塵もなく隙も妥協も一切捨て去り命懸けで(そう見える)まさに全身全霊で走り回る少女たちの姿がありました。
演舞の質のあまりの凄まじさに完全に打ちのめされ、ただ呆然と動画を眺めていました。

ここ数年、日本アニメなどが欧米社会に浸透していても日本人歌謡アイドルが広く知られる現象は一部のマニア以外には起きていませんでした。
なぜこんなモンスターが誕生してしまったのか、その理由が未だに自分で消化しきれていません。
主様の論考は目から鱗が落ちる内容が数多くあり、巧みな論述には知的探訪への興奮を掻き立てられ常に新たな刺激を戴いております。

「どんなものでも何かを極めずにはおかない激しい衝動のようなもの」が元来人間には植え付けられている。
普通はそれに様々な制御がかかり多くの場合それが発現することは稀な訳なのですが
そのリミッターをを打ち破

いま、2017.01.03 お正月を満喫しておるじぶんです。昨年の冬前にふとしたきっかけでBABYMETALに今更嵌った新参者です。気がつくと、ネットで見かけた皆さんと同じく、寝る間も惜しんでBABYMETAL関連のコンテンツを漁りまくる50のおっさんです。ww
それで、ネットでいろいろBABYMETALを勉強するウチに当サイトにたどり着きました。
管理人様の論考に自分の感情を照らし合わせ、非常に興味深く読まさせていただきました。最初からじっくり読ませていただこうと考え、ここに改めてコメントを寄せさせていただきました。これから、管理人様の分析をじっくり堪能させていただきたいと思います。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596668/60996685

この記事へのトラックバック一覧です: BABYMETALの事を考える:

トップページ | BABYMETALの基礎知識 »