« 『ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト』考 | トップページ | 怪獣文藝の逆襲 »

2015年3月20日 (金)

『BABYMETAL DEATH (Short Version)』考

Bmd1

Non Credits : 作詞・作曲:KITSUNE of METAL GOD 編曲:ゆよゆっぺ

『ヘドバンギャー!!』のCDシングルはエンハンスドCDとなっており、映像特典にこの曲が収録されている。

 KOBA-METALによる長ーい前振りは4カ国語になっており(内容は全く無い)、既にこの時期BABYMETALは、海外での展開に本腰を入れ始めた様だ。

「BABYMETAL DEATH!」というだけの曲とも言い難いトラックだが、かつて元気であった音楽業界で、BABYMETALがアルバム製作に力を入れるアーティストとしていたなら、こうした遊びトラックも随分作られていただろう。

 KOBA-METALがインタヴュウでも証言している通り、ナパーム・デスの有名な「ギネスにも載った1秒の曲」である "You Suffer"のオマージュ。
 音楽界にはもっと短い曲(0:00)などもあるが、ちゃんと音が鳴る曲としては最短であろう。

 本当に1秒なのか。ちょっと確かめてみた。

 こちらがナパーム・デス。

You_suffer

 ネットでは1.38"だと考える人が多い様だ。
 確かに実音が鳴っているのは1秒。プラス残響である。

 

 そしてこちらが BABYMETAL DEATH (Short Version)。

Babymetal_death_short

 これは微妙だ。実音の鳴っている時間はナパーム・デスよりほんの僅か短く、1秒を切っているのだが、リヴァーブが長めで、トータルではほぼ同じだ。

 もしナパーム・デスを凌ぐ短さを狙うなら、もっと判り易くリヴァーブを切るなどの処理が出来た筈だが、それをしなかったのは「いえ僕らはネタでやってるんで」という控えめな態度なのだろうか。

 この1秒の曲の後、長い黒味があって、ギネス本を見て談笑している三人の映像が短く入っている。ギネスを意識していた傍証にはなろう。
 しかしエンハンスドCDのボーナス映像の音声なので、実際の登録はまず無理だろうし、やはり冗談で作られたのだと思う。

 

 クレジットは無いのだが、「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」のアレンジ、サウンド・プロデューサーであったゆよゆっぺが担当した事は間違いない。次に出る、メジャー・デビュウ作「イジメ、ダメ、ゼッタイ」初回限定盤にロング・ヴァージョンが収録される事になる。


 

 ところでBABYMETALの挨拶、「SU-METAL Death! YUIMETAL Death! MOAMETAL Death! 私たち BABYMETAL Death!」という例のものだが、私には相当に抵抗感というか、拒否感が長く働いた。
 まだ好きになる前に見掛けた、クールジャパン担当大臣訪問の報道で、あの挨拶が始まると私はテレビを消した。
 昨年12月のNHK番組は、見始めてから割とすぐにBABYMETALは気にするべき存在だとは認識していたのだが、Kerrang!誌の編集室を訪問する場面であの挨拶が始まると、「あっ」と目を画面から逸らして俯いた。

 地下アイドル的でもあるが、あの挨拶のモデルはやはりPerfumeなのだろう。
 どうも彼女達は、あの挨拶をやる事で目の前の存在が狼狽えるのを愉しんでる様に思える。
 今でこそYUIMETALもMOAMETALも年齢相応に成長しているが、2011年頃の彼女達は、アイドルというにはあまりに幼く、インタヴュワーの多くが動揺しているのだ。

 私があの挨拶を平然と見られる様になったのは今年になってからだ。
 今では仕事のメーリング・リストでも「小中DEATH」とポストする様になっているのだから、慣れとは恐ろしいものだ。




« 『ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト』考 | トップページ | 怪獣文藝の逆襲 »

コメント

更新楽しみにしています
BABYMETALの自己紹介の件ですが、ParfumeもBABYMETALも
ネタ元はキャンディーズだと思います

ナパームです! 小中DEATH! 楽しいデス!!

babymetalの完全なファンになるには、幾重もの心理的障壁を超える必要があるので大変ですよね。
そして、次は白塗りなわけですが、我々はこの障壁を超えられるのか?
そして未来に現在を振り返った時に、「白塗りなんて大したこと無い」と言える日が来るんでしょうか?w

最後 笑った!

白塗りか・・・。自意識を捨てろということですね。わかりました。

自己紹介のあれは、可憐Girl'sの流れだと思うけど

先日のCDショップ大賞でSU-METALが
「以上、ベビーメタルでしたっ!」と言い放ってはけてましたが
可憐Girl'sでも3人で
「以上、可憐Girl'sでしたっバイバーイ」と言ってますね。

はじめていつも興味深く拝見させていただいています。
自分の会社では本店各部部長クラス以上がイントラネットに業務コラムのようなものを持っています。
ある時の営業部長のコラムが全て「~デス」とカタカナのデスで締め括られていました。
そして最後に「PS最近babymetalにはまってるんデス」と。
御年五十歳の部長さえもあの「~デス」に侵犯されているのだなあと。
思いきってメールしたところ仲良くなってしまいました。
変なところで人はつながるものだなあと。

BABYMETALパフォーマンス以外は全て変化球で攻めてきますね。挨拶も今回のミサとかもだけど、歌詞も振り付けも変化球が多いのだが、パフォーマンスはストレートを投げてきますよね。
しかも、ダンスも歌も豪速球!
今回のミサは、女性限定が三嬢の希望で白塗りはコバのおふざけかな?

最近ギミチョコの再生回数がペースアップしたような気がするのだが、誰か統計とかとってないかな?
そうでなくても、ペースが落ちないだけでも凄い事だと思いますが。

小中DEATH

o(*^▽^*)o

あのケラングか今日BABYMETALに賞をあげたよ!
あの、NHK放送からこんな日が来るなんて(T-T)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596668/61307746

この記事へのトラックバック一覧です: 『BABYMETAL DEATH (Short Version)』考:

« 『ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト』考 | トップページ | 怪獣文藝の逆襲 »