« BABYMETALのファンアート | トップページ | 【再】BABYMETAL試論アンケート »

2015年8月 7日 (金)

『悪夢の輪舞曲』考 2

Rondo_2

 論考の前段では特異な変拍子構成について終始してしまったが、この楽曲のエクストリーム性はそれだけではない。
 Aメロのオケはドラムしか聞こえないのだ。ギター・コードには音程感が薄く、ほぼ白玉(全音符)のノイズと化している。
 こういうオケであるのに、正確な音程であの難解な符割のメロを歌っているのだ。これ程エクストリームな挑戦は無い。

 あるピアノ調律師が書いた本によると、如何なる声楽家であっても「絶対音感」というものは存在しないのだという。
 会場、当人のコンディションなどでもピッチは変動するのだろう。
 もう一つ印象的だった記述は、ヴィブラートを掛けて歌うよりも、ストレートに伸ばしきって歌う方が難しいものだという。ちょっと意外な感覚も抱いたが、確かにヴィブラートはターゲットの音程とその上、場合によっては上下に音程を揺らすものだ。ターゲットの音程にきっちりピッチを合せる事の方が正確さに於いては困難なのかもしれない。
 そしてSU-METALは、そうした歌い方をこの曲でもしているのだ。

 
 

 このプログラムに決まった振付けがあるのか、可能な限りの動画を見直したが、ほぼ決まった動きはしていた。
 しかし基本的には、特異な変拍子構成を自分なりにモーションで掴んでいる様な動きであって、腕の曲げ伸ばしなどに振付けとしてのメッセージ性は感じられず、歌う抑揚を視覚化した様なモーションだ。
 MIKIKO-METALによれば、SU-METALはカウントで振付けを覚えないらしい。ビートばかりでなく、ギターやピアノのフレーズ込みで本能的に体得しているのだと思う。

 緩急は自在にコントロールされており、「ロンドが」と歌うところでは軽くステップを踏んだかと思えば、1小節分だけ激しい4拍子になると裏拍に全身で乗っていく。しかしそのパートを全て同じモーションで続ける事は無い。これもMIKIKO-METAL振付けの特徴だが、パートの振りはそれ一杯まで繰り返させずに次のパターンに入る。

 ラジオトーンのDメロパートでは、ゼンマイ仕掛けのオートマタが停止したかの様なポーズで静止する。
 ライヴでこのパートのヴォーカルは完全にプリレコーディングが流され、すぐ後の「ゆらゆらー」から生のヴォーカルとなる。
 音源の再現演出という意味でこの方法には蓋然性がある。
 しかしSU-METALの変幻するヴォーカルをライヴでも楽しみたいと思う観客は多い筈だ。
 Dメロ部分だけ、メイン・ヴォーカルのEQを変更する事も不可能ではあるまい。しかし安全性を考えるなら、このラジオトーン専用のマイクを別途に用意した方がいいのかもしれない。
 Primusというオルタナ系バンドのベース兼ヴォーカルのレス・クレイプールは、トランジスタ・メガホン(拡声器)の様な声で喋り倒すパターンの歌唱をするが、ライヴでそれを演じる場合、ノーマル・ヴォーカル用のマイクとは別途に、エフェクト専用のレトロなマイクを立てて自在に行き来する。
 そういう手法もあるのだ。

 2014年のライヴに於いて、SU-METALのソロ『紅月』に対して、Black Babymetalの『おねだり大作戦』というプログラムが交互に配され、双方に一曲分の休憩とされていた。
『4の歌』が出来ても、武道館ではBlack Babymetal曲はまとめられており、『悪夢の輪舞曲』は単独の扱いとなっている。それ故か、神バンドのインストゥルメンタル曲『Mischiefs of metal gods -KAMI Band Instrumental-』(『メタル神達の悪戯』)が演奏された。『Catch Me If You Can』前のソロ回しよりはもっと独立性のある曲だが、構成としては同くじソロ回しをするパートだ。2014以降に半固定化された神バンドに最適化されており、ベース・ソロ後半はBOHがタッピングを披露出来る様に、リズムがフラメンコ的に変化する。
 SU-METALは『悪夢の輪舞曲』を歌い出す前、この曲によって息を整える事が出来ていた。

 2015ワールド・ツアーでは、『紅月』とこの曲はイーヴンな在り方となり、Black Babymetal曲と交互に披露される事になっている。

 私がBABYMETALを好きになって聞き始めた昨年暮れの時点で、SU-METALの歌声は大人として成熟しつつあり、変化している経過にあるのだと思っていた。
 実際『ド・キ・ド・キ☆モーニング』音源で聴かれる声とは明らかに変わっている。
 しかし2015年に入ってからのSU-METALは、2013年までの歌声に戻っているかの様に聞こえて不思議に感じていた。

 今年に入ってからのライヴ告知動画やインタヴュウで聞かれるSU-METALの地声(普通に喋る時の声)は、現在のYUIMETAL、MOAMETALよりも高い事に気づく。
 2014年後半からドラスティックに成長をしたYUIMETAL+MOAMETALは、年齢相応に地声が低くなっているのだが(歌では問題無く上の音域も出る)、SU-METALは身長が伸びても頭部は小さいままで、日本人離れしたプロポーションに育っており、それは彼女の歌声という特質を奇跡の様に維持させているのだと判った。

 2014年頃、『メギツネ』『紅月』といったプログラムの高域が苦しげに聞こえたのは、『悪夢の輪舞曲』での低めで太く発声する歌い方を覚えたからであったのかもしれない。
 Dメロ以外は中性的な、物語る詠唱歌である『輪舞曲』はSU-METALの新たな歌声を見出す楽曲だった。
 2015年、SU-METALは歌から力みが消え、楽曲によって自在に声のトーンを使い分ける様になっている。それによって、ミドル・ティーン期の楽曲でも無理なく歌える様になってきたのだと思う。

 そして新曲『違う』(仮)では、また新たな歌の表情を獲得しているのだ。これからどんな進化を遂げるのか、全く予想すらも出来ない。こんな感覚を抱いたアーティストには、過去に触れた経験がない。

 プログラム論よりも、SU-METALヴォーカル論考に傾いてしまったが、なかなかまとまって触れ難いSU-METALの歌声について、思うところを書く事が出来たと思っている。



 

« BABYMETALのファンアート | トップページ | 【再】BABYMETAL試論アンケート »

コメント

素晴らしい!

今回は読ませて頂いてる中でも最後の締め括り方がゾクゾクする位感動しました。

>プログラム論よりも、SU-METALヴォーカル論考に傾いてしまったが、なかなかまとまって触れ難いSU-METALの歌声について、思うところを書く事が出来たと思っている。

正にこの言葉に我々素人が望んでる試論の本質を感じれた気がします。

MdN購入して少し読みましたが、小中先生の試論とはまた違う切り口での解説でしたので残念と安堵が入り混じった気持ちで読んでました。

是非『違う(仮)』の解説もお願い致します

本当に飲みながら読んでますが震えました!いやーツマミ要らないですよ。これ読んだら

最高に美味しい文書death

かつて、合唱団に参加していた頃、あまり副鼻腔へ響かせないで喉の音「だけ」で歌っていて、ほ~らまたそんな歌い方してるし、と言われたことがあります。
ヴォイストレーニングは、喉頭(声帯)を音源とし、咽頭喉頭から顔面・副鼻腔、あるいは胸郭全体を使う共鳴を・・・身体の楽器化を目指すものです。
 基本要素は「音源・・・天性の声帯と音色と倍音」+共鳴(咽頭喉頭頭蓋・副鼻腔などの遺伝的規定と成長度)、なので、生まれつき (≒天性・天才 )に左右されるでしょう。環境因子(レッスン )は・・・あるいは「天性-天才」をかえってスポイルする可能性さえあるのではないかと想ったりします。Su- Metalは、トレーナーの守備範囲などはるかに超えていて、かえって「器」に収まらないほうが良い? のだろうかと感じます。でも・・・経験から言わせてもらえば・・・より負担の少なくて、より共鳴し、かつ印象的な、Vocalを、Su^Metalは模索していると思います。2014から2015への一種の「揺り戻し(管理人さん指摘)は・・・それほど共鳴や響きだけにいかなくても、Wisperといった歌いかたもまた、その奇蹟的な声質(音程+倍音重ねた音色)を生かしうるのだろうと感じます。ながながとすみません、いつの時代のSuMetalも好きです。、

メトロック2015の「see you!」を聞けば嗚呼そうなったのね、納得。
圧縮に耐え記憶が薄れながら感動してしまいました。
艶やかな蝶はキツネ祭りをターニングポイントにして活動休止中にきっちり修正して
見事に変体してきました。もうたまりませーん。

端末にかじりついて近視眼的に海外Tourを追っていると、
自分の知り得たノイズまみれのファンカム音源のみから、
その日の好不調を計ろうと躍起になってしまう事もしばしば。
愚かとは知りつつ止められないファン心理ですが、
今まさに貪欲にエンターテイナーとして成長中の3人にとって、
邪魔になっては元も子もなし、という事ですね。

 これまでBABYMETALの魅力とその謎について、
様々な角度から快刀乱麻の解釈を見せていただきましたが、
いよいよSU-METALの歌声が俎上に上る事に。

 特に我々が一番気になっている彼女の変化について、
YUIMOAとの対比も含め、彼らが今年辿り着いた場所が、
どれほどのものであったか分かったような気がします。

 何かを得る為には何かを捨てるという常識は、
本当のホンモノには通用しないという事実、
それを成す為に必要なのは「力み」を制御する事…
…なんだか格闘技論や剣豪小説のようで痛快です。
さしずめクライマックスは低酸素のMEXICOか、炎熱のFRANCEか。
ブログ主の本職を顧みない妄言、お許しを。

やはり中元すず香はアイドル界の長嶋茂雄である、と思う。
中元すず香の代わりだけは誰にも務まらないであろうと、何の理屈もなしに思われるからだ。

世間に優れた歌い手はごまんといるが、聴き手の魂にまで直接手を伸ばし震わせ揺さぶりかけて来る歌い手は極めて稀だ。

直覚タイプのソウルシンガーであるから例え同じ曲を歌ったとしても別次元のエモーションを作り出してしまう。

恐るべし、中元すず香。

レジスタンスは永遠に不滅である。

彼女のリズム感について面白い考察がありました。
http://bakusai.com/thr_res_show/acode=5/bid=525/tid=2773915/rid=157329512/

ボクの記憶が確かなら、以前大神様が悪夢の輪舞曲について「Su-METALはずっと三拍子」ってツイートしてました。
ニコ生では「ヴォーカルが一番大変。すぅちゃんは天才」とも仰ってました。
以上、ご参考まで

歌では無いのですが、
「本当にありがとうございました」
と言うときのトーンに、毎回、何か感じさせられます。

疑問なのだが?
一体全体、イヤモニにはどんな音源が流れているのだろう?
ギタ-?ドラム?ベース?ピッチ音?
全体のカラオケ?

2013.3.31は、さくら学院の卒業式があって、その際にヘドバンギャーを
YUIMOAとともに、通常のBMとして歌うだけど、その時には「イヤモニ」
「神バンド」なしで、カラオケで歌っているんだけど、さすがにさくら学院の卒業式
らしいから、「エモーショナル」がギンギンで、歌なんかも、わざと気合
をぶち込んで、外してるのだが、逆にその方がグルーブ感がでて
すさまじさがあったんだけど、本当のSu-METALの姿ってのは、あんな
感じなんだろうなーと思う。

しかしプロの歌手は、あんなにオーバーに気合入れたら、
声帯を痛めたり、伴奏とダンスとあわなくなったりするから、
普段は滅多なことでは、二度とやらんだろうけど、あれこそが
100%のSU-METALだとおもっている。

まさに「憑依」してるんで、怖いくらいのオーラでてます。

ヘドバンギャー!!【The Road to Graduation Final ~さくら学院 2012年度 卒業~】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24772911

年度は2012年度だが、日付は2013.03.31

この映像のYUIMOAの表情とSU-の表情をよーく見てください、
緊張感バリバリです。

 つい先ほど別冊カドカワとMdN、読了しました。

どちらもなかなか話を聞く機会自体が稀な首脳陣の2人。
欧州ツアーレポートグラビアに添えられたKOBAのインタヴューは、
まだまだ「隠し玉あるぞ」感が伺える雰囲気で、
これまでもかなり長期的な戦略を繰り出してきたKOBAらしいもの。

MIKIKOの方は・・・・・・質量ともに最大級のインパクト。
既出の部分を除いても、彼女の仕事の詳細と特質を知るには、
第一級の資料でしょう。他の振付師との比較も面白い。

何でしょうか、Perfumeからさくら、そしてBABYMETALという、
彼女にとっての愛弟子たちが彼女自身にとって如何なる存在なのか、
そこにどんな縦糸が貫かれているのかが語られていて、
ちょっと感動してしまいました。

楽曲としての悪夢のロンドは実は特別海外ファンからの評価が極めて高く、BABYMETALで「全身に鳥肌が立つ名曲」として挙げられているようですが、
日本人の耳からするとメタルではなくプログレッシブなハードロックに聞こえます。
小中さんご指摘のとおりこの楽曲は明らかにプログレッシブロックの血を引いており、メタル誕生以前のレトロなハードロックの臭みが漂っています。
メロディの色彩は鮮やかで暗く重く、それでいて鞭打つかのような強迫のリズムが重厚かつ独特の夢幻世界を作り上げています。
かつてロックオペラのような音楽を築きたいと小林氏の話にあった記憶がありますが、その前衛的な音を中元すず香の突き抜けたボーカルが尋常でない疾走感で引き摺りラストまで走り抜けてゆくところに強いカタルシスを感じます。

WOWOW新規です。中学生のころからロック聞き続けて40年、50代中盤ですが、なぜでしょうね、この子たちにはまり、この子たちのパフォーマンスを見るにつけ、あなたや他の熱心なブログを読むたびに、なぜか目頭が熱くなる。60年代後半からのロックシーンを追いかけ、Trexからパープルからツェッペリンからクィーンから、、Pフロイドから、なんでも聞いてきたけれど、また一方ではキャンディーズから明菜から松浦亜弥も好きだったけれど、バブルの頃はディスコにも行ったけれど、今、この時期に、ここまでのめり込むというのは、、キツネ様にとり付かれたような心地です。 ご同輩の皆様ととたがわず、動画サイトをあさり、睡眠不足の日々です。 この子たちを見ていると、弥勒三尊ではないかと思います。テーマは稲荷かもしれませんjが。 裏手の神バンドは神将達でしょうか。この明るさ、激しさ、あっけらかんとして満足そうな笑み。 ロックシーンを追いかけ、かたやアイドルもそれなりに好きで、いつの間にか年もとり、でも、なにかが足りなかった音楽人生のジャストフィット感に、今、出会えたような気がします。また、あなたのように、俺はベビメタが好きだと公言してブログ展開してしまうその気持ちに激しく同意ですが、さすがに自分のブログでは宣言できずにいます。ちなみに私は、三尊ともに、ほぼ均等に応援しています。父兄的に、信者的に。

蕨屋様
>なにかが足りなかった音楽人生のジャストフィット感に、今、出会えたような気がします。
一言一句同意です。
40代中盤の若輩者ですが、これほどまでに自分を夢中にさせる存在は人生の中でありませんでした。
世間一般のアイドル枠には入れてほしくありませんが、自分史至上、タイガーマスク、アイルトンセナ、マラドーナを超えるスーパーアイドルです。

わらびやサン、ご同慶の至りとお見受け致しますが、
神棚に挙げるのは止しにしましょうや。
われわれが笑われるのは構いやしませんが、
ご本尊に迷惑があっちゃぁなりません。Be cool って事で、ヘイ。

Be cool で。ちょっと奉り過ぎました。

私も、3拍子で歌ってるのに全体の拍子は…?…何拍子の曲なんだろう、って思ってました。
 <DIR-METALさん

ふと自分の聴いてきた音楽を振り返り、脈絡無く何でも聴くタイプの
ごちゃ混ぜのリストの中で、女性ボーカルは音楽好きになった原点です。
特に伸びがあって声質に特徴のあるタイプ。
小学校高学年で姉から借りたリンダ・ロンシュタットを繰り返し聴きました。
そして初めて買ったLPレコードが岩崎宏美だった(笑)。

以前「好きになったきっかけはMOAMETALの笑顔」と書いてしまい、それは
本当なのですが、やはりどっぷりはまった原因はSU-METALの声質です。
これは自分の「女性ボーカル好き史」の中で最も重度のはまり方です。

ASHの発表会の中元すず香を聴いていると、体が成長するにつれ自分の声を
歌に合わせてコントロールできなくなっているような危うさを感じますが、
その暴れ馬のような声を御することのできるテーマがBABYMETALだった
のではないかと思います。もちろん、そのテーマに沿ったトレーニングを重ねて
得ていった物だと思います。

さくら学院が「成長期限定」というシンプルで良く考えられたコンセプトであることが、
その派生であるBABYMETALにも当然活きているわけで、SU-METALがボーカリスト
として成長していく姿を、多くのファンが楽しんでいる。
ただ「父兄目線」で成長を見守るのではなく、ある種の畏敬の念を覚えながら想像を
超える姿を目撃しているような感じでしょうか。

中元すず香の歌と言うことで、「冒険者たち」のシオジの島唄にやられました。
こういう可愛らしいソロもいつか聴いてみたいものです。

どうして世界で売れているのか知りたくて、ネットで聞き、CD買って聞きいてきた。
聞いていると、なぜか流れる涙に、その理由が知りたくてBMを調べた。

ポンコツすうさん、天然、SUMETALとすず香は違う。そうした記事に触れ、
稀代の天才がいるにも関わらず、マスコミに報じられないことに憤りを感じたこともあったが、マスコミの脅威に晒されることなく、プライベートを守ることができる現状をうれしくも思ようになった。

また、踊りの時も、2人が前で踊り、SUMETALが後ろで歌う隊形が多いことも
二人に励まされながら歌うように思え、そんな人柄を感じさせる。
踊りの振り付けでは、そうしたことを踊りで表現している場面はあるが、
ただの演出で、彼女の本質を表現しているとしか思えない。
I.D.Zの子供ぽいメッセージに、スウの真っ直ぐな思いを感じ泣き、
アカツキに泣き、RORでも泣く現状、果たしてSUMETALだけの力とも思えない。
3姫と4神でBABYMETALと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596668/62037753

この記事へのトラックバック一覧です: 『悪夢の輪舞曲』考 2:

« BABYMETALのファンアート | トップページ | 【再】BABYMETAL試論アンケート »