« 「ヘリウム声」について | トップページ | ギミチョコ!! Call & Response »

2015年10月13日 (火)

丑刻ニ参ル

「ヘリウム声問題」への関心の高さは、前エントリのコメント数でも明らかだ。
 無論個人差もあるだろうが、私はPA出音のミッドハイ~ハイ帯域の飽和が原因の一つなのかなと想像しているばかりだ。

 本ブログの主題とは異なるし、コメント欄ではお互いの見解を認識し合う以上の事は出来ないが、概ね冷静なコメントだった事に感謝をしたい。





 ここからは告知。
 ホラー映画ファンの人がこのブログを見ているかは判らないのだけれど――、

 11月14日よりユナイテッド・シネマ豊洲のレイトで公開が始まる
丑刻ニ参ル

Main_480

 川松尚良監督は、清水崇監督作品で助監督を務めつつ、自主製作で商業クォリティの「葬儀人 アンダーテイカー」を作り上げてDVD化されている。
 今回の映画は、タイトル通り「呪詛」が主題となったホラー映画。
 清水崇監督から「観て欲しい」と言われたのだけれど、これまでのJホラー的なアプローチとは異なり、ドラマに重心を置いていて新鮮だった。
 興味を持たれた方は是非。

« 「ヘリウム声」について | トップページ | ギミチョコ!! Call & Response »

コメント

ヘリウム声を聞きたい。ライブに行かなければ聞けないヘリウム声を聞きたいデス。携帯電話でしか聴けないわたしも、ヘリリウム声を聞かせて欲しい。

なんとか大ファンなKONAKA氏のオススメに
お布施したいのですが
歴写持参 とかいう記事をチェックしまくってる身ではなんとも

怪獣小説集だけでも押さえたいなぁ…
某社某シリーズ 背表紙が真っ黒な 怪奇アンソロジー
某井上氏編纂の (そろそろ某の意味がなくなってますがw
「グランド・ホテル」とか「玩具箱」とかは 特に売りたくないなぁ
「猫座流星群」とか ページめくるのが恐ろしかった程だからなとか
@ぶくおふ
と思いつつも かつて見た龍のライダーDVDとかはもう売るかとか
…たぶん何言ってるのか全然分からないと思われますがw

龍騎じゃなくアギトです←うぁあ!

ホラー映画は大好きなので会員になってる立川シネマシティでも上映するなら観に行こうと思いましたが、どうやらそこでしかやらないのですね?。残念です。そう、シネマシティでは近々Perfumeの映画を上映するようです。いつかはBABYMETALも上映してもらいたいです。

ヘリウム声は久々の爆弾投下でしたね。コメントが伸びるに連れ荒れてきてるみたいです。


立川シネマシティは極上爆音を売りにしている映画館なので,
BABYMETALを是非見てみたいと思っておりました。


http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/355/355161/

立川シネマシティ2のaスタジオの極上爆音上映は身体にビンビン響く音なのに音割れしてなくて最高です!。
マッドマックス、セッション、最高でした。今は進撃の巨人極上爆音で上映してますがこれはパスします。
せめてBABYMETALのLVも極上爆音上映でやってくれれば凄い集客が見込めると思うんですけどね。

ヘリウム声についてあぁなるのは当然 予測の範囲でしょう
巻き込まれるだけ馬鹿を見ますから 放置の方向で

ダイバーシティ一日目に参戦してきました。話題の「ヘリウム」声については、確かに、SU-METALさんが"かわいい"感じの声を高音で出しているときに、「あ。これが例のヘリウム声かな?」と思った瞬間はありましたが、概ね、そういうことはなかったように思います。

ただ、正直言って、音響が良かったのか?と言えば、個人的な感想としては「良くなかった」です。ライブ中にSU-METALさんの声そのものが轟音にかき消されて聴こえなくなるような部分もありました。音響に関して全くの素人なので、専門的なことは全く分かりませんが、その素人耳で聴いて、神バンドの演奏も含めて「良い!」と両手を上げて熱狂出来るほどではなかった、というのが正直なところです。

そもそもの話ですが、2014年の幕張イベントホール1日目、SSA、黒ミサ1、2015幕張展示場、ZEPダイバーシティ、と参戦してますが、初参戦以来、Blu-rayで見聴きしているような音響を潜在的に期待しつつライブに行っていたので(笑)、ライブ時の音響で満足だったことは一度もないです(笑)。こちらのブログ本稿とそのコメント欄で「PA」という要素がある、ということが認識出来て、かなりよい勉強になりました。そして、BABYMETALのPAが非常に難儀なものである・・・ということも認識出来ました。

「ヘリウム声」トピックの膨大なコメントの中にもありましたが、PAも試行錯誤を重ねている「修行」中なのでは?というご意見がしっくり来ました。自分がBABYMETALに初参戦した「2014年9月幕張」では、スタンディング後方でしたが、ヘリウム声云々以前に、音響が酷くて、全ての音が割れ気味に聴こえ、かなり冷めました。途中から発想を切り替えて、その「場」を楽しむようにしたので、ライブ自体はとても楽しめました。以来、毎回、そういうつもりで参戦してます(笑)。

ただ、BABYMETAL以外の、海外のラウドロック系バンドのライブなども、これまでに相応の数に行っておりますが、音響に関してあまりこういう感想を抱いたことがなかったので、BABYMETALのライブ時の「PA」に関しては、もしかすると改善の余地があるのかもなあ?と、あくまでも素人ながら、想いました。私も幸いにして、横浜アリーナは確保出来ましたので、いよいよ参戦のブログ主様の諸々のお話、より一層期待しております。

想像ですが すぅの声量が桁外れなのと あんなアルトからソプラノに伸びる声と
ヘビメタサウンドなんて組み合わせを 的確にミキシングするのは
相当困難なのではと

10/16のZeppに運良く参戦できました。
情報を集中させる意味で、詳しくはヘリウム声のエントリに書かせていただきますが、初めての小箱で音響への期待が大きかったせいか私の好みからするとかなり残念な音でした。(どこかに書かれていた「三人が実在するすることの確認」を含めてライブとしては十分に楽しめましたが。)
確かにこのエントリに書かれている、ミッドハイ~ハイの飽和(もう少し低いところかもしれません)の印象でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丑刻ニ参ル:

« 「ヘリウム声」について | トップページ | ギミチョコ!! Call & Response »