« 海外盤も買いましょう | トップページ | あのですね! »

2016年4月20日 (水)

Dizzy Mizz Lizzy

 熊本震災で被災された方々にお見舞い申し上げます。




 今日明日と、BABYMETALは新木場STUDIO COASTでファンクラブ限定ライヴを行うのだが、チケット落選した私には何の関係も無い。
 ライヴ初披露曲も演るのだろうか。ああ口惜しい。

 東京ドームは第二希望まで書かせておきながら落とされた私からすれば「THE ONE」など、どの面下げてのうのうと掲げられるのかという思いだ。

 と毒を吐いてもしょうがないので、関係無い事を。

61tuevekicl_sl1099_

 20年前に一瞬輝きながら、割とすぐに解散してしまったデンマークのバンド、Dizzy Mizz Lizzyが再結成し、昨年のLoud Park15にも出演した事は「ROCK CITY」で知っていたのだが、その新譜「フォワード・イン・リヴァース」がやっぱり素晴らしかった。
 ポスト・オルタナ系で、ハードロックなのかポップバンドなのか、聞く人によって印象も評価も変わるのだが、今の音は明らかにハードロックだし、プログレ風味も濃い。
 トリオなのに音に隙が無い。ヴォーカル&ギターのティム・クリステンセンは昔のビデオだと痩せた美少年ぽかったが、今の風貌はマニッシュだ。ベースもドラムもよく歌うタイプ(ヴォーカルという意味ではなくフレージングが)で、トリオだと忘れさせる程、アンサンブルが巧い。Loud Parkでのプレイでも完璧であった。しかも音が良かった。余程エンジニアの腕も良かったのだろう。日本盤CDにはボーナストラックでライヴも収められている。
 今年に入って2枚目の「通して聴けるアルバム」となった。


 

 一方でLoud Park14で来日したベテランThunder(ここも一時解散状態だった)が、ライヴ集を出したのだが……、これは良くなかった。ギターの片方がレヴェルが小さく全体のミキシングが悪い。セットリストも一本調子気味で、皆さんお馴染み曲は観客に歌わせるという、ライヴにあるある的な悪癖が目立つ。


 

« 海外盤も買いましょう | トップページ | あのですね! »

コメント

熊本近辺のメイトが東京ドームのチケットの入金で苦労してましたね。
コンビニはほとんど復活しつつあるようで流石です。
新木場にはようやく復活した熊本空港から飛び立つ人もいるようです。
不明の方の無事を祈るばかりです。
先日、物好きな友人と開通した国道で福島第一原発の入り口前を通ってきました。
「窓を開けないで通行して下さい。」という割には普通におまわりさんが立ってましたが、
周囲は当然だれも居ません。
そして、避難区域からはずれてすぐに営業していたのはやはりコンビニでした。すごい。

新木場はどっちにしろ平日は無理ですので申し込みませんでしたよ。
いいんです。ドームは行けますから。

おっと書き忘れました。Dizzy Mizz Lizzyの新譜、さっきポチりました。楽しみです。

小中さんがDizzy Mizz Lizzyを好きなこともROCK CITYを見ていることにも驚きました。
先週放送のインタビューで20年前を振り返っていたのは感慨深かったです。
その中でティムが、当時の解散について、
突然物凄く売れたことに自分たちがついていけなかったからと言っていました。
それを聞いてBABYMETALの3人を取り巻く環境の変化についていろいろ考えさせられました。
どんな形でBABYMETALが終わるか分かりませんが、3人にとってその思い出が良いものであり、
その後の3人の人生がどうか幸せであって欲しいと思いました。
余計なお世話でしょうが。

このアルバム、私も買いました!
何しろカッコいい、鳥肌ものです。

今年はサマソニ大阪だけになりそうですドームも行くけど、チケットを取りに行くつもりはない

フェスなら抽選関係ないしね

両会場で例のブツ配布しますよ

世間が新木場ライブやドラゴンフォースやアイアンメイデンで盛り上がっている中、
通なDizzy Mizz Lizzyの話題なので便乗して盛り上がりたいのですが、
残念ながら、語れるほどこのバンドに詳しくない。。。

でも、このWaterlineはホント名曲。しかもスタジオ盤よりライブのノリがいいですね!

ビルボードの順位と同じ歳だと最近気付いたw

去年のラウドパークで間近で観ました!
以降のバンドの為に陣取っていたためですw
バンド名は知っていたのですが、
まさか!?こんな演奏をするとは思っていなくて、
翌日速攻でアルバムを買ってしまいました。
こんなにすぐに魅了されたバンドはほとんどない
ですね!

Dizzy Mizz Lizzyかっこいいですよね。
BABYMETALを入り口にLOUDPARKまで行くようになってしまい、
何気なく観たDizzy Mizz Lizzyのステージに感動しました。
今度の来日公演行くつもりです。
新しい世界を広げてくれたBABYMETALには感謝しかない。

ええと、小中さんは落選されたとのことで申し訳ないですが、20日に参加していました。
既に皆さんご存知のことでしょうが、両日ともライヴ初披露曲はなし。私見では、ウェンブリーの復習といった感じでした。ファンのマナーなど、ネガティブなこともありましたが、神バンドを含む(ドラフォも?)全員が楽しそうにしていて、良かったです。
個人的には、「KARATE」が既にして堂に入ったパフォーマンスになっていたのが驚きでした。鍛えてますねえ...
そして「メタ太郎」は本当にいいプログラムですね。自分の位置からは見えなかったですが、空飛ぶメタ太郎が登場した模様。それに三人が笑う一幕も(これも見えなかった!)。

新木場行きたかったなぁ…チケット当たってたのに…
現在災害派遣中の自衛官メイトです!!
仕事頑張ります‼
だから、新木場のデロを出して下さいね‼
必ず買います‼

被災した皆さん、何でも言ってきて下さい!
力の限り頑張ります‼
皆さん負けないで‼

おそらくバンド名の由来となったと思われる(ビートルズもカバーしてました)ラリー・ウィリアムズを調べてみたら、ジョン・レノンと同じ年に「銃弾に倒れた」というのを見つけてびっくり。生きていれば81歳でした。

初めて書き込みをします。Dizzy Mizzy Lizzy
小中さんのブログを読んでいなかったら一生聞かなかったかもしれません。
彼らが出て来た頃、丁度音楽に没頭していた時期でしたが
特にクラブミュージックしかほぼ興味を示さなかったため
今まで存在すら知りませんでした。ここで紹介して頂いたことに感謝致します。
ありがとうございます。
5月にチッタ川崎等で来日liveするそうですね。チケが高いのですがライブでの即興が
とても好みっぽいので行こうか思案中です。

時間がたってしまいまいたが、このアルバムをここで知り、とりあえず
「METAL RESISTACE」の間にはさんで20回ほど聴いたところです。

長く聴いていけるような感じを抱いている、というのがとりあえずの感想です。
男らしいというかシンプルでヘビーながらも飽きのこない感じが良いです。
以前よりヘビーになった感じがします。

ジャケ写はプレイヤーの液晶画面に映る前提でデザインしていると思います。
そういう意味では正常進化でしょうか。

Dizzy Mizz Lizzyの全盛期には、私も大評判のファースト、セカンドの2枚のアルバムを買って聴いていましたが、悪くはないものの音が軽い感じで自分にはそれほどいいという印象はありませんでした。

しかし、今回のニューアルバムは愁いを帯びた癖になる曲調は以前のままですが、音が以前より重くなって心地よいHR/HMとして楽しめます。自分にはこのアルバムの方が、ファーストやセカンドアルバムよりしっくりきます。

小中さん同様、私にもこのフォワード・イン・リヴァースは今年のアルバムとしてはBABYMETALに次いで聴けるアルバムとなっています。

小中さんのご紹介があったので,私もNewアルバム買ってしまいました(^^)

ひろいちめたるさん>
私も,Dizzy Mizz Lizzyの全盛期にファースト,セカンド買いました.同じように私も「音が少し軽いな~~」という感想を持ちました.実は,そのあとに,ライブインジャパンを買いました.「トリオで,よく,この厚みが出るよな~」という感じで,一聴で好きになりました.もしかしたら,ライブバンドかもしれませんね.Rushとかもそうなのですが,トリオで厚い(熱い)音を出すバンドには心惹かれます(^^)

Apple Musicにアップされましたのでようやく「Forward in Reverse」を聴きました。みなさんがおっしゃるとおり、本当にかっこいいですね。一発で気に入りました。小中様の今年「2枚目の」通して聴けるアルバムであるとのご意見、小生も同じです。

このスレで来日中であることを知り、チケットが購入可能であったので、今週土曜日のライブに行くことにしました。メタルはおろかロック全般に無縁だったのに、BABYMETALがきっかけとなってライブやフェスに出かけるようになり、楽しみが増えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596668/63513115

この記事へのトラックバック一覧です: Dizzy Mizz Lizzy:

« 海外盤も買いましょう | トップページ | あのですね! »