« 「BABYMETALはその壁を壊したんですよ」 | トップページ | MAX MOA-YUI »

2016年5月 9日 (月)

『METAL RESISTANCE』RAL US盤

 BABYMETALはノースカロライナ州のCalorina Rebellionフェスに出演した。
 サード・ステージ、トリのAlice Cooperの前の出番。どれくらいの人が集まったのか、ちょっと感覚が掴めないのだが、少なくとも詰め掛けた観客は登場前から盛り上がる気満々で、凶悪な30分だった様だ。
 フェス出演の楽しみと言えば「ズッ友」こと著名アーティストとの記念写真蒐集。
 のっけから超大物をゲットしている。

Alice

Zombie


 いやはや……。
 この一種のゲームも、それを発表する相互のSNSの活用に於いても、BABYMETALは費用ゼロのパブリシティとして恐るべき程にメリットを得てきた。
 しかも、BABYMETALのアーティストとしてのアプローチ同様、余程恥知らずでなければ同じ真似など出来ないという特権も同時に得ているのだ。
 無論そんな事まで計算尽くだったのではない事は断言出来るのだが。

 ホラー映画監督としてのロブ・ゾンビは、まぁまぁ評価している。



 十枚以上は買ってしまった『METAL RESISTANCE』だが、RAL US盤は結局Mystery Bandleセットでのみ購入していた為、到着がつい先日となった。
 盤自体はearMusic EU盤と同じだろうと思い込んでいた。普通に再生するとやはりそうだという感覚ではあったが、解像度の高いイヤフォン(UE900s)で聞き比べると、僅かに違いが確認出来た。EU盤よりUS盤の方がほんの僅かにクリスピーなのだ。楽曲にもよるのだが、3人の歌声が若干前に出てくる。
 ただ、傾向はほぼ同じであり、わざわざ改めてUS盤を買い求める必要は無いと思う。イヤフォンで聴きこみたい人にはお勧めしておく。
 マスタリングがまたも違っているとは考え難く、製造工程の微細な違いによるものだと思う。



« 「BABYMETALはその壁を壊したんですよ」 | トップページ | MAX MOA-YUI »

コメント

US盤をデフォルトにする者にとって、本当に有難い情報です。

その上、何と小中先生もUE900Sユーザーとは。UE900Sは高いですけど、値段以上の製品ですね。私も解像度と音抜け重視です。アッパーミッドが綺麗なのがいいですね。

また、デザイン性能ともに、BABYMETAL仕様との呼び声高い(?)SHUREのSE535も大変気になるころですが、何せ高い。(笑)

そんな貧乏人のコスパ目線で、驚いたのはDr.DreのUrbeats。
www.beatsbydre.com/earphones/urbeats/space-gray/MK9W2.html

このブランド、日本のユーザーレビューの評価の高くないのは知っていましたし、私自身もこのブランドのヘッドフォンが苦手(出過ぎた低音と硬い高域)で、ずっと偏見視してきたのですが、クラギファンの友人の使ってるのを聴いて驚きました。性能が価格通りなのは「遮音性」のみ、あとはほぼ全て2ランク上。華奢な見かけを裏切る耐久性にも満足。外出用にと購入したのですが、今や家でもほとんどこれで済ませてます。

ただし、付属の数種類のイヤーパッドのうち、使えるのは2段キノコ型だけ。それを使った時だけが音質的に突出していて、あとはそこそこ。その形の苦手な方には不向きでしょうね。(また、このブランドのイヤホンの上位機種は全くの別物ですね。私からはお勧めできません)。

BABYMETALは、現在のネット環境なくしては、これだけのスピード感で海外に進出することは当然不可能だったでしょう。
ですので、どういう形にせよ日本においてアイドル文化という物が継承されてきて、また、バカテクセッションミュージシャンが、少数精鋭で生き残っていて、この時代に双方が融合されたのが、やはり奇跡的なことなのだと改めて思いました。

ロブ・ゾンビはFB上でヘイターの皆さんとかなりやり合ってましたね。
曰く「彼女達は自分らが今まで一緒にやった9割のバンド以上にエネルギッシュだ」。
費用ゼロというか、人としての援軍が増えるというのはパブリシティ以上の
浸透力があるような気がします。
オリバーさんともまた会えたみたいだし、またこのシーズンがやってきました。

メイト間ではロブさんいい人で話題ですが、さっきインターFMで例のMC2人が番組でロブゾンビのアルバム紹介してました。その後bmthの曲もかけてた!何の偶然?ホントは例の2人ベビメタ気になってる?(笑)

ヘッドフォンなら概ね満足できるベビメタ作品ですが、スピーカーで納得できる音を出すのは難しいです。私は2ウェイのスピーカーを使ってますが、ラウドな鳴りっぷりと澄んだヴォーカルを両立させるために、ウーファーのハイカットコイルを有芯から空芯タイプに交換しました。「メタ太郎」の邪気のない歌声が最近のチェックポイントですね。あと、間奏でのスネアの口真似「タタタタッ、タタタタッ」がちゃんと聴き取れるか。

ヘッドフォンですが,いろいろ試したのですが,私は,結局,下記に落ちついちゃってますね.

SONY MDR-CD900ST, MDR-EX800ST

http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/71265/
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/159061/

定番中の定番で,面白みも無いのですが,まあ,安心して使えます.

スピーカーは,スモールモニタしか使ってないので妥協しまくりですね...そもそも,鳴らしきれる環境がないので(^^;; 大音量はカーステで聴くぐらいでしょうか.

盤によってこんなに違いがあるとは、このブログの一連の話題で初めて知りました。他では知ることのできない興味深い内容に、いつも驚かされます。今後も楽しみにしています。

例えばアリス・クーパーとロブ・ゾンビが
並んで笑顔で写真に収まり、それをSNSにアップロードする…なんてあり得ないw
むしろそんな写真は気持ちが悪いw

BABYMETALは、メタルアーティストにとっての拡張子のようになっていて、「ズッ友」は新しいメタルファンの目に触れるクラウド上のフォルダーのようになってしまってる。
しかも単純で並列的なデータじゃなく、それが物語性をもっていて、フェスがエピックとして集積されていく。
たぶん、誰もこんな状況は想定できてなかったと思うな。

話は変わりますけど、ダウンロード、メインステージは「レミー・ステージ」
ベースのレジェンドの名前を冠するステージで、
ベースソロを披露出来る機会を得られるベーシストが何人居るんだろう?
下手すると1人なのかな?

あまり話題になってませんがクーパーとの写真が実にいい
川辺らしきところで3人自然な笑顔で並んでる後ろに、にこやかな笑みのクーパー
心許した感じで親子のようです

一方オリバーはまるで近所のちょっとやんちゃな兄ちゃんのよう
ジャーンって感じで驚かせて三者三様の表情引き出しててこれもいい

ロブが誇らしげにタオル掲げてるのもまたいい

このロブがヘッドライナーのフェスが今週末
ロブ観るためにチケット買ったファンが「ロブが言うならついでに観てやるか」と大挙して押し寄せるはず
楽しみです


メタルレジェンドたちの人間関係はあまり知らないのですが、例えば今回のロブ・ゾンビとアリス・クーパーが、BABYMETALを中心に1枚の写真に収まったりしたらスゲーですよね。
でもドラゴンフォースのフレッドとBMTHのオリバーは一緒にしちゃダメかも。(笑)

なんだかBABYMETAL初の商品CMが
スニッカーズ?で決まりそうな流れですね。
(AndroidはBABYMETAL単体じゃなかったし)

これ電通が絡んでないとしたら、日本の広告業界はどう思うんだろうw
ロキノンジャパンは新宿紀伊國屋でGWの間、品切れ欠品。
国内では圧倒的なのはもう数字に出てるはず。

電通には、あのスニッカーズ?の煽りも
実は電通の根回しでした!位の手を返す速さや
腹黒さを期待してたりもするんだけどな。

これで北米でスニッカーズが売れまくり、
(BABYMETALパッケージとかあったらネットでサバけるよね)
つい最近、新しいCMを電通や博報堂を絡めて
作った日本のチョコレートメーカー涙目…な展開も面白しろそうではあるけと。

めめ様

本当ですか?

https://www.behance.net/gallery/37107279/Babymetal-5-11-16

Redditなどネット上で、これが「スポンサーシップなのか、単なる小道具なのか」、という議論があるようなのですが、スポンサー契約の結果だとすれば、興味深いですね。いろいろな憶測を生みそうです。

ギミチョコの世界的ヒットで、「ベビメタは一体どこの会社のチョコレートを推すのか」、大いに話題になった時期もありましたが、CM出演その他のTV出演の不自然なほどの遠慮(自粛)振りから、「アーチスト路線明示」、「某巨大広告代理店との確執」などと囁かれてきましたね。とうとうですか。

しかし日本に子会社があるとはいえ、明治でもグリコでも森永でもない、米マース社とは・・・。
スニッカーズもいいですが、どうせなら同社のもう一つの主力商品M&M'sのキャラクター、スポークスキャンディーズのアニメか着ぐるみと楽しく絡むCMが見たいですね。(笑)

海外の一流アーティストは普通CMには出ないので、ベビメタも出ない方がいいと思います。難民支援とか災害支援とかそういうお題目があるのは別ですが。国内では出てもいいと思います。

餅撒きですね~まるで。
アメリカ人にギミーと叫ばせハーシー撒いたらさすがに進駐軍ネタで洒落にはならんのでハーシーを避けたとこは配慮してるなとは思います。
先日舞台に投げ込まれたチョコへの返礼(仕返し?)みたいな遊びやKARATEのC&Rみたいにアドリブを加えたコミュニケーションはこれからも増えて行くと思います。

Nintendoとのコラボで危惧したのですが、スポンサーがつくと特定の「色」がついてしまいます。つまりマイクロソフト、SONYはこの場合蚊帳の外になってしまうのです。
ギミチョコはベビメタの看板みたいな楽曲です。例えば世界チョコレイト生産者組合みたいな、ある程度普遍性のある団体なら良いのかもしれませんが、1業者と長期間、特定の関係を結ぶことは「色」をつける事に他なりません。それはベビメタの足枷になってしまうのではないかと思います。小事を捨て、目先の利益に捕らわれず、より開いた明日を目指して欲しいものだと思います。スポット的に1公演限りなどは有りでしょうが。
ベビメタ楽曲がアニソン的というのは以前より言われている事ですが、もし特定のアニメの主題歌に使用されれば、その楽曲のイメージはそのアニメとのリンクは免れ得ません。色がつくとはそういう事です。商業音楽としては喉から手が出るほど欲しい案件でしょうが、出来る限り慎重に考えて欲しいと願うものです。

BABYMETALにとっての成功とは何なのかという
ひとつの正念場かもしれませんね。


「汚れの無い純真な想いを持つ者。その存在に焦がれ後に続く者達の手本となる。これが愛される理由であり存在し続ける条件。」
神から人への言葉でしたっけ。

これに当てはまる人物に音楽をさせてみたら楽しむだけでなく神格化されるのはみんなの心に神さまの気持ちがちゃんと入ってるんだな~って思った。

CMダメゼッタイはそう考えるとなるほど~なんだけど、一般の皆さんもそれぞれ企業に所属している時点で何を言ってもの話ですよね。

The oneを歌うのに小さい範囲では意味が無く、TVに出ないと時間制限に間に合わないぜ~って話なんだけどまだ反対しますか?皆さん。

 

皆さんもどっかで見てると思いますが、ゆいちゃんがCMでたいって言ってますからねえ
ロードオブレジスタンスの初披露しかり、アリアナとご対面しかり、ゆいちゃんの希望は実現してしまうのです。

例えば、The OneをS&W、ロッキード・マーチン、もしくは三菱重工辺りがCMに使うと言い出したらどうでしょう?(ないでしょうけど)
財力も有るし万々歳じゃないですか。世界の平和を守るんだみたいな。TVもバンバン出られますよ。でも反感を持つ人は間違いなく現れます。
特定のサイドに与するのは縛りを作ります。より普遍性を持つためには縛りは少ないに越したことは有りません。
必ずしもCMに反対する訳ではないですが、パートナー選び、その露出方法は慎重にして欲しいということです。

最初のお披露目で投げたチョコオブジェに
「SNICKERS」じゃなく「広告募集中」と書いてたら良かったのに。

アミューズは去年12月にハリウッド4大タレントエージェンシーの最古参WMEと契約しています。このニュースを目にした時にアミューズは本気で世界を取りに来ているなと思いましたが、今回のベビメタ全米ツアーを含む興行全般ですでに連携しているものと思われます。
全て事前に計画し手を打った上でコバが煽りを入れた演出に出ているものと個人的に捉えています。
つまり我々の反応や論争もすべてコバの計算の内ということです。
ちょっと癪に障るかもしれませんが小林啓は外見はヒッピーみたいな顔してますが早稲田政経出身の非常に頭のキレる人物です。

>つまり我々の反応や論争もすべてコバの計算の内ということです。

このレベルの話になると,コバさんだけのアイデアや判断で動いているとは限らないかも...アミューズが,ある意味,頭脳集団なのかも...

計算内というより,反応や論争を見て,次にすすむ方向を判断,決断してるような気もしますね.どっちにしても,「誰がどこまで計算してるのか?」,はたまた「偶然うまくいったことを計算してるように見せているのか?」,...外から見ると判然としないところが「うまいな~~~」と感じますね.

見る側が,いろいろ想像する(妄想する)...そのへんが,BABYMETALの面白いところの1つかもしれませんね(^^)

KOBA氏がインタビューの度に、Only the Foxgod knows.と繰り返すのは、周到に計画を練りつつも、偶発的事項をより積極的に取り込みたいと考えているからではないでしょうか?
自信はある。しかし、それは自らが全てを把握し、計画するモノではない、と自覚しているからでは。
現象とまで言われ、坂本九以来~と取りざたされるのは、将にミラクルだからでしょう。早大出ならば毎年輩出されているのですから。

BOH神様が、メンバーを尊敬して止まないという旨の発言していますが、恐らく当初は「こんなガキンチョが・・」と思っていただろうと推測するのですが、一重にSu-、Yui、Moaの(三姫と書かないと長い)ポテンシャル、真摯さに敬服したからでしょう。現象とまで言われるのは、この3人あってこそ。KOBA氏はこの3人にとってベストな道とは?と考え、神託を伺うが如く、何者かに導かれるように、事を進めているのではないかと思います。一般的なマネジメントとは何かが異なっているのでは?

>周到に計画を練りつつも、偶発的事項をより積極的に取り込みたいと考えている

このあたり,プロサッカーチームのマネージメントに似ているなって感じてますね.

自チームのリソース,相手チームや環境を考慮して,戦術などの準備は周到に行う.だけど,実際の試合では,偶発的に発生することばかりです.機能したこと,しなかったことを分析し,次の試合の準備をする.経験を活かし,常に改善,成長させていく感じ.

現在のチームに足りないところは,チームが機能するような優秀な選手を補強する.神バンドとか(^^)


らくら学院とかも,バルサのカンテラ(育成組織)とかと似てる気がするんですよね.「サッカーはサッカーというゲームをすることでしかうまくならない」...子供の時から,常に真剣勝負の現場を体験させるあたりは,よくできたOJT環境になっている.興味があれば「戦術的ピリオダイゼーション」で検索していただければ(^^)

育成も含めた戦略(長期計画)もかなり考えていそうですよね...
BABYMETALをサッカーチームのようにとらえると面白いかもです.

FCバルセロナ(運営組織)≒アミューズ
監督≒KOBA
生え抜き選手≒3人娘
補強選手≒神バンド
...

ちなみに,メッシほどの選手がいると,メッシを最大限に活かすような戦術を考えることが多いです.では,BABYMETALでメッシに相当するのは???

なーーんてことを妄想してみました(^^;;)

らくら学院→さくら学院 (^^;;

勉強になります。m(。_。)m
恐らく、というか間違いなく
チームBABYMETALの絶対エースはQueen Su-なのでしょう。

あと,もう1つ...

バルサのサッカーを体現するには,バルサの理念(理想)を目指すのであれば,それを理解した「生え抜き選手」が11人中の半分以上必要なのでは,,,というようなことがいわれています.まあ,現実は理想どおりにはいかないのですが,それゆえに,それを目指すには,サッカー選手としてだけでなく,人間的にも優れた選手が必要となります.

で...アミューズの理念ですが...

http://ir.amuse.co.jp/company/philosophy.html

まあ,現実は綺麗ごとばかりではないでしょうが...BABYMETALの目指してるところって,後ろの企業体も含めて,意外と「本気」だったりするのかも...

なんて妄想もして見ます(^^;;)

>みんち様
タワレコ社長が「最初からここまで仕上げて来るか。さすがアミューズクオリティ」
とまで言ったさくら学院のパフォーマンスだって、アミューズの理念を体現している
と思います。
もちろん本気だと思いますし、そうでなければ人の心を撃ちぬけないでしょう。
あとはいかに気持ちよく受け入れてもらうかの技術だと思います。

50歳METALさん:
>もちろん本気だと思いますし、そうでなければ人の心を撃ちぬけないでしょう。

金儲けのみが目的になっちゃって,そこを違えると「人の心を撃ちぬけない」ですよね(^^)

サッカーのクラブ経営も難しいものがあり,クラブ理念とスポンサーの問題(理想と現実の問題)は,BABYMETAL同様に,苦慮するところであるようです.下記,バルサでの有名なお話です.

http://www.footballchannel.jp/2013/12/04/post15481/

アミューズクオリティか…僕はBABYMETALを知る以前のアミューズのアーティストやタレントでクオリティが高いと思ったのはパフュームぐらいで、今ではBABYMETAL以外に興味も持てません。星野源や福山、ポルノやワンオクはBABYMETAL同様クオリティが高いとは思えないんですが…
僕個人の見解ですが、BABYMETALのクオリティはアミューズにも、日本の芸能全般、世界のショウビズ界にも無かった、比べるものが無い全く新しい価値観だなと思ってます。アミューズの企業理念を最も体現してない「なんじゃこりゃ」が、今では世界で最も有名な日本人アーティストとして驚きと感動を与えるという日本芸能史上最も皮肉な存在であると思います。

ロブ・ゾンビは今回、自分を支持する旧来のサポーターに次々と引導を渡すという普通のアーティストなら自殺行為になりかねない、とても大胆なことをしてます。
百戦錬磨のアーティストの中のアーティストが挙ってべビメタを守護する側に付くという構図は、音楽のジャンルさえも超えて今までに誰も見たことのない新しいコミューンの形成が実現化しつつある姿にも見えます。
歴史的な革命とか時代の潮目が変わるパラダイムシフトと言うのはこうやって燎原の火の如く広がって行くものなのか。。。
音楽の歴史が目の前で急激に動き出しているまさにその瞬間を目撃しているのだ、という何とも言い難い興奮に襲われます。

MARK1 さん:
あくまで,個人の見解ですが...

>星野源や福山、ポルノやワンオクはBABYMETAL同様クオリティが高いとは思えないんですが…

ワンオクは聴いた事がなかった(存在すら知らなかった(^^;;))のですが,若い者への対応で必要に迫られ,一応,一通り聞いてみました.

https://www.youtube.com/watch?v=L02WaARe9UQ

ワンオクの場合,彼らが作り,演奏をし,ビッグになっていく生き様(ストーリー)を見せることで,10~20代ぐらいの層に感動を与えている.これだけの人間に感動を与えるなんて,そう簡単ではないと思いますよ.スタジアムレベルのショーを成立させるなんて,なかなか立派なものです.もちろん私の趣味ではありませんが(^^;;)


日本人を相手に「感動を与える」という商売において,アミューズは,かなりのノウハウを持っている企業なんではないでしょうか.でも,小中さんのおっしゃる「シンガーソングライター信仰」といいますか,そのへんが足枷になってる気はしますよね.彼らが作って演奏するというフォーマットを崩せない...

「感動させるもの」が,必ずしも「クオリティが高いもの」ではないんですよね.

このへん,ものづくりにおける,「売れるもの(儲かるもの)」が,必ずしも「クオリティが高いもの」ではないのと似ているかもです.


>アミューズの企業理念を最も体現してない「なんじゃこりゃ」が、今では世界で最も有名な日本人アーティストとして驚きと感動を与えるという日本芸能史上最も皮肉な存在であると思います。

BABYMETALの場合,いろいろな,「なんじゃこりゃ」で,神経を麻痺させて,商業主義的なものが見え隠れしても,感動させられる土俵を作っちゃった気がします.普通は,いろいろな技術をつぎ込むと,バランスを崩して興ざめしちゃうんですけど,絶妙なバランスで,クオリティをどんどん上げても,「感動できるもの」が成立しちゃってる.それはもう,ヤバイくらいに...ほんと,これ,ヤバイでしょ(^^)麻薬に近いと思います.

多くの人がBABYMETALを見て聴いて感動しているのですから,アミューズの理念を体現している存在であるのは間違いないのでは(^^)

同時に日本人が世界と戦うには,ここまでやらなくちゃいかんのか...とも感じますかね...どっちにしても,前の3人の存在無しには成立しない現象だと思います.

コナカメタルさま、いつも分かりやすく解説いただきありがとうございます。
無理をなさらず、お身体大切にしてください。
ちなみに階段登りは膝に負担が少なく、大腿部腰背部の筋肉を柔らかくするのに良いと聞きました、但し、下り階段は膝、足首に負担が大きいそうですから、階段は昇りに限るそうです。私64歳、階段登りのおかげで、オズフェス10時間たち続けも大丈夫でした。

なんでデトロイトとシカゴでいいね!を復活させてきたんだろう?
と思ってたんだが、テクノ、ハウス系音楽の聖地だったじゃんか。

アナログ・マシンドラムのスネアのビシャビシャ感。ローランド。
デリック・メイのMVでも女の子二人がくるくる回ってましたね。

http://usamixsnote-babytalk.blogspot.jp/2016/05/babymetal-world-tour-2016-ustour.html

↑これ読みました? BABYMETAL「マニピュレーター宇佐美秀文 米ツアー東海岸感想ブログ更新」(2016年5月21日土曜日)

BABYMETALプロジェクトには多くの人々が関わっていて、ここ「BABYMETAL試論」のコメンテーターと同じ生身の人間たちが試行錯誤しながらその時のベストを尽くしてる。失敗もあるがそれを次の成功の糧として必死に仕事をしている。それはマニピュレーターだけではなくて、音響やら照明やらマネージャーやら他の小さな役割を持つ人々みな同じ。

これら尊敬すべき(その多くがチャレンジングな)仕事をしてる創造的な人々に対して、BABYMETALを愛する「父兄」傍観者たちの人間や現実を無視した理想的で自己中心的な記事やコメントが散見されるが(最も悪い例としては「愛するBABYMETALのフロント3人と神バンド」以外のスタッフ連中に対しては思い込みと憶測で公然と批判・貶してよいという姿勢)、こういった態度に心底呆れる。

こちらも興味深いです.

http://hamankarn.blogspot.jp/2016/05/tpi-babymetal.html

「日本のやり方はものすごく違っていた。彼らは入ってくると、すべてを測り、1センチでもずれていたら、備品を動かすほどだった」

外からは見えませんが,BABYMETALのショーを成立させるには,ギリギリの戦いがあるのかもしれませんよ.チームのメンバー全員が,お互いを信頼できなければ成立しないようなギリギリの戦いが...なんてことを,これまた妄想してみます(^^;;)

週刊東洋経済がbabymetalに6ページ割いています

興味ある分析なので,シェアさせていただきたいと思い書き込みます。

世界でキツネ様が大活躍。BABYMETAL現象は「祭り」の輸出。お稲荷さんはINRIだよ。
http://www.k2o.co.jp/blog4/2016/05/babymetal-1.php

BABYMETALのショーは,明らかに「祭り」を意識してデザインされている気がしますよね...「観客参加型総合エンタメショー」

あと...フェス(FESTIVAL)って,そもそも,「祭り」という意味だったり(^^)

衝撃的なニュースが入りました。
BABYMETALによって人生の航路変更を決意した人間がまたひとり。
ルカメタルはブリクストンライヴにも観客で登場した欧州ファングラブ代表と記憶しますが、ついに自らバンドを解散して日本に移住する宣言をしました。
日本人アーティストでここまで世界の人間の生き方に影響を与えた例を私は知りません。

新井信介さんの長めの文章は、ソニスの頃、政治文化的切り口のエントリを書かれて以来ですね。

金融・経済の情報、分析を求めている中高年男性の支持者の中には、新井さんがアイドルの話をしはじめたので唖然とした方もおられたようです。

ルカメタル、感性豊かな腕の立つ人なので活躍を期待します。

土着して日本の商業主義との折り合いの中で成功している欧米のミュージシャンでは、モーガン・フィッシャーが好きでした。

スレチにて失礼ですが様

リンク有難うございました。興味深い話ばかりで楽しめました。
一箇所だけ惜しかったですね。

> で、BABYMTALのl彼女たちは、イルミナティーのサインができず、キツネの指組で踊り、自分たちは、キツネの神様がついている、といいます。

「イルミナティーのサイン」ではなくてメロイックサイン(コルナ)なんですよね。ケアレスミスだとは思いますが、The Oneのオフィシャルビデオ公開以降、イルミナティーと結びつけるコメントが増えましたねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596668/63605369

この記事へのトラックバック一覧です: 『METAL RESISTANCE』RAL US盤:

« 「BABYMETALはその壁を壊したんですよ」 | トップページ | MAX MOA-YUI »