« 東京ドーム観戦記 | トップページ | 御来場御礼 »

2016年9月28日 (水)

「BABYMETAL試論」正誤表

 こうしたものをブログに上げねばならないのは本当に恥ずかしい事だと思っている。
 購入された方々には伏してお詫び申し上げます。

 正誤表は以下の通りですが、PDFはこちらから(葉書サイズで印刷してください)。


 尚、10月3日の円堂都司昭さんとのトーク・イヴェントにて、ご来場された方には特製限定正誤表(は、恥ずかしい……)を配布させて戴きます。




  • P.8 L.21-22    SU-METALは12歳、YUIMETALとMOAMETALは10歳
  • P.14 L.10    しかし、今は違うのだ。→ もうそれだけの存在ではないのだ。
  • P.15 L.14    何とかなるレベル → 何とかなるレヴェル
  • P.33 L.26-27    以外では → 以外の 楽曲は → 楽曲群は
  • P.36        頭の小見出しトル
  • P.62 L.12    観衆を圧倒した → 観衆を熱狂させた
  • P.90 *4        DJ TEKINA → DJ'TEKINA
  • P.96 L.29    姫に使える → 姫に仕える
  • P.101 小見出し    【付記】 → 【初出時の付記】
  • P.129 L.4    その前を → その前後を
  • P.190 L.14    抵抗を覚えたる時 → 抵抗を覚える時
  • P.339 L.4    言語を越えて → 言語を越えた


 という事で東京ドームからもう一週間も経ってしまったのだが、何かまだ落ち着いて振り返る気分にもなれないでいる。
 昨年の横アリは一日しか行っていない事もあるのだろうが、ここまで尾を引きはしなかった。

 BABYMETALは、東京ドームをファイナルとする3回目のツアーで、20カ国弱を巡り累算45万人を動員したと公表された。勿論これにはフェスに来た観客数全般も含められている。
 それにしても途方もない数字だ。
 過日、Live Nationの総帥を追ったドキュメンタリ映画「アーサー・フォーゲル~ショービズ界の帝王~」をDVDで観た。80年代後半以降のストーンズ、U2、The Police再結成ツアー、レディガガのツアーを仕切っている“大物”プロモーターなのだが、世代交代する前代に音楽興行の帝王だったビル・グレアム(そう言えば今年BABYMETALはThe Fillmoreでもライヴをやっていたなぁ)がいかにもな人物像だったのに対して、フォーゲルというカナダ人は何ら大物さを感じさせない、一見控えめに見える人物像だった。
 U2のツアーは世界で700万人を集めたというのだが、BABYMETALの45万人という数字を聞くと、「そんなものか」とすら思ってしまうのが恐ろしい。
 まあ数字のマジックではあり、実態は勿論次元が到底異なる。

 

 ここからは余談。
「Windowsの更新に失敗しました。構成を戻しています」という表示のまま、自宅マシンが頻繁に10時間近く固まる症状がここ2ヶ月程続いている。アップデートを拒否したWindows7機なのだが、4年なのでもう見切るしかなかった。
 ちなみに自宅用マシンの使用リソースの内訳約70%はBABYMETAL関係のリソース収拾。
 そこそこマルチメディアに強いテキスト入力機として今回選んだのは、OMEN by HP 15-ax000 というゲーマー用PC(HPに買収されたVoodooPC)。いやもう自分でもどうかしているとは思っている。選んだ理由は勿論色味。怖いなぁ、刷り込みって。

 

Omen15

« 東京ドーム観戦記 | トップページ | 御来場御礼 »

コメント

 小中先生お久しぶりです。
 自分も万難を排して(仕事を放り出してw)、2日とも参戦しました。
 個人的にはやはり2日目が良かったですね。ベビメタの魅力はやはり多幸感を与えてくれることなのだということを再認識しました。そしてそれは1stの曲に負うところが大きいということも。
 そういう意味では、ジャンルは異なりますが、自分にとってベビメタに最も近いアーティストは小沢健二ですね。彼の楽曲にも本当にたくさんの多幸感を与えてもらいましたから。(なんだこの軟弱で歌の下手なアイドル崩れみたいなのは、と最初偏見を持っていたのも同じですw)。
 テイルズは挑戦という意味では意義があったのでしょうが、やはり・・という感じでした。この曲はやはりベビメタにはそぐわないのではないかな。(曲の良し悪しということではなく。)
 驚いたのはメタ太郎でした。アルバムでは(´・ω・`)という感じでしたが、ライブではとても良かったです。
 10月3日(月)は残念ながら、ロガールがあるので行けません。(嘘ですw)。
 それではお体ご自愛ください。更新楽しみにしています。

追伸
思いついたので。
オザケンとの類似点と言えば、おちゃらけているようで、楽曲が細部まで丹念に作りこまれている点、オマージュ(ぱくり?w)が多い点、寡作な点も同じですね。
やっぱり共通点が多いですね。

PCの件、わかります!
BABYMETALにはまる前は、他の色も選んでましたが、最近は黒+赤、下手すると黒+赤が無いと買わなかったりもしてしまいます。

たしか、かのカリオストロ公国の国旗が、黒地に赤い十字だったような

で、更に病膏肓に入ると「金」が入ってくる訳でwww

アニメ化?

アニメ化ですね。

アニメ化権をおさえられたという言い方が正しいのかも。

日本人の満足する形は難しいだろう。

アニメ化・・・

パワーパフガールズみたいな感じですかね。
子供にも更に人気が出るのでは。
アニメ化といえばパフィー先輩もいましたし。
北米市場でのキャラクタービジネスとしてはアニメと玩具は
セットみたいなものですから、マテルあたりが玩具の展開
までにらんでいるのでは。
アメリカでのアニメ化というのはビジネスとして全く違う世界に
入る気がします。

小西主先生、おかえりなさいませ。更新が続いていて感激です。

正誤表なんかUpされるから、確認のためにもう一回ひと通り読み返したじゃないですかww。

ついでにティガの第2話と第25話と第・・・・(全部!!) 見返してしまったじゃないですか(睡眠不足)。

 アニメ化、話題になっていますね。自分の意見としては、日本のスタジオが絡んた「ジャパニメ」でなくて、他でも言われているようにFUNCOのフィギュアのような雰囲気の、まったくの「漫画・コミック」的絵柄+ライブ映像、のほうがいいんじゃないかと思います、下手にセーラームーンとかプリキュアとか(絶対可憐Cとか)のようにならないほうがいいんじゃないかと・・・彼女らの場合、3D実物(実写)のほうが「作為のある2D」より遥かに凄いよ、と私は感じています。正直、ライブでの3人のPerformance~「髪の毛ひらり」~を何度も見るたび、ああ、ジプリの時代はもう終わったと感じてしまう。これでも「ナウシカ」を現役で映画館でみた世代です。・・・まあ、人ぞれぞれなんでしょう。アニメになった BABYMETAL は、主先生の目にどう映るのだろう・・・。とても楽しみに待っております。

オリンピック閉会式、MIKIKO氏に盗用疑惑

http://realkyoto.jp/blog/rio_babel/

この問題はちょっと深刻かもしれません。
東京ドーム公演では日本初披露の曲が聞けましたが、オリンピックの準備と重なったとはいえ、今までの振り付けからの流用的な部分も多く、引き出しが限られて来たような印象も受けました。昨年発表のYAVA!などは良かったのですが、近作は自己模倣が多い印象です。

これ企画が成功すれば五輪開会式にアニメから登場する演出も可能となるわけですね。面白いと思います。

トークイベントのチケット取り損ねました><
内容のテキスト化があったらうれしいです!
ヘドバンに掲載されたらいいのになぁ〜
それか「試論2」の付録にお願いします(-人-)

製版の仕事をしております。一度でいいからBABYMETAL関連の書籍を受け持ってみたいものですw
どんどん誤りを修正して申し送りさせていただきますのに!

ガーン、仕事で地方にいったり、うっかりしたりで、
トークイベントの予約が間に合いませんでした。がっくし。
何らかの形でレポートなんかは、ないですよね。楽しみにしたましたが、仕方ないです。

自分は出版界のすみっこにいますが、各メディアのなかで、
ベビメタ感度が一番低いのは出版かもしれません。
でもそれは、今後の展開がいろいろあり得るということでもあり、
小中さんの書籍が、一つのきっかけになるのではないかと思います。
音楽だけでなくアイドル視点、民俗学視点、ビジネス視点、いろんな視点から、
いかようにも語れる稀有な存在なので、来年にかけていくつか形になるかもしれませんね。

小中さんのところにも、第二弾的な打診が既にあるのかもしれないですし、
今回のトークイベントも、コンテンツとしては十分にありだと思います。
もし第二弾があるなら、ぜひKOBAMETALとの対談等、考えていただきたいです。
あの人、メディアを拒絶してるわけではなく、しかるべき時、しかるべき場所、
しかるべき人がいれば、取材等は案外OKなんじゃないでしょうか。
いつか「ベビーメタルとは何か」を、プロデューサーとして語るときがくるはずで、
その話を引き出す相手として、小中さんが適任なのではないかと思います。

と、すいません、生意気なことでした。

ワーナーのアニメは、どうなるのか興味深いですね。
これ、ひょっとしたらアメリカ市場でのブレイクスルーになる可能性もあると思います。


>オリンピック閉会式、MIKIKO氏に盗用疑惑

この手の問題は、非常に難しい問題ですが、今回の件は「盗用疑惑」とまでは言えないと思いました。

個人的意見ですが、フレームと人によるダンス作品は「バベル」というオリジナルが存在するので

【今後一切、フレームと人によるダンス作品は創作してはならない】

という事になってしまいます。
それでは芸術の進化は止まってしまいます。

フレーム→ギター、ベース、ドラム等

人→バンドのメンバー

ダンス→音楽・・・に置き換えると分かりやすいです。最悪、たった1つのバンドの音楽しか楽しめなくなります。

優れたオリジナル作品は、そのアイデアが時代を超えて流用され、昇華されていきます。
ロダン(近代)やミケランジェロ(ルネサンス期)の裸体彫刻は、古代ギリシャの裸体彫刻をアイデアの源泉としているように。

寧ろ、今回の盗用疑惑、バベルを創作した方々は自分達が与えた影響を誇るべきでしょう。
これから先、フレームと人によるダンスは大きな潮流になるかも知れません。

「バベル」との類似性については、放送内でMIKIKO氏のオリジナルアイデアだとされたことが問題で、少しでも「バベル」について言及されていれば当該ブログの内容も大きく違ったものになっていたと思います。あとこのことをコメントされた方はMIKIKO氏の振り付けに自己模倣が増え、まあ要するにマンネリ化してると言いたいようですが、これは別の話でしょう。

>オリンピック閉会式、MIKIKO氏に盗用疑惑
あのブログは一見客観的に書かれているように見えますが、類似性と関係ない質の高低を言っている所など”振り付け師風情が舞台芸術家を気取りやがって”というような悪意を感じます。あのような人間が大学で教えているとは世も末ですね。(どっかで聞いたな。)

確かに質の高低は盗用か否かとは全く関係ないですよね。
また仮に「似たような」構想・演出があったとして、ではバベルにおいての(フレーム使用という点での)「独創性」が他を「模倣・盗用」と決定づけるほど高いものなのか、そこを考証することなく決めてかかっています。
本来は5つ目の視点としてこの「盗用と言えるほど独創的といえるのか」があってしかるべきで、前提に非難ありきの悪意と思われてもしかたない文章だと感じます。
誰かの作品に対し、自分の「すごく似ていると感じた」印象だけを根拠に、「盗用」「倫理」「情けない」「きちんと謝り」云々と、ここまで書き連ねることのできる人間性を、私は軽蔑します。

言いたいことがあるのはわかりますが、ここでその話をするのは不適切だと思います。
書き込んで投稿するまでに、内容が書き込まれる場所に相応しいか見直して、どうしても書き込まなきゃいけないかどうか確認してはいかがでしょうか。

ご存知かもしれませんが、トークイベントの参考に、ならないか。
イヤモニの音源? 違いますよね、なんでしょ、PAの確認用とかでしょうか。
自分は初めて聴きました
すうちゃんはもちろん、もいもいの生歌、予想以上にレベルが高いですね。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27570429

> H-ZUCCA-METALさん
これ去年の今頃?聞きました。たしかメキシコで抜かれたやつだったとか。
なぜまた急に出てきたのかわかりませんが。

>JanWooさま
なるほど、メキシコなんだ、情弱ですいません。
いろんなものが流されるんですね。

> H-ZUCCA-METALさん
調べてみたら去年の11月でした。あとロンドとIDZのスウちゃんのハモリパートだけ入ったバックトラックも流出してましたね。たしかここでも話題になってたはず。ハモリパートだけ聞いてもすばらしかったです。

振付のマンネリ感、これは結構ベビメタの寿命に大きな影響を与えるかもしれない。残念ながらMIKIKO先生(一部和音さん担当か?)の振付部品不足が目立つ。特に腕をぐるぐる回す振付が最近特に目立つ。しかしこれは作曲におけるメロディーが似てしまうのと同じで仕方のないこと。人間の関節の動きが無限じゃないため何百種類も考え出すのは不可能だから。Perfumeの振付と被るものもたくさんあるが、といって他のアイドルやダンスチームがバラエティーに富むかといったら同じ事だ。何曲か見てみれば何種類かの部品を組み替えて使ってるだけだと分かる。
ベビメタに関しては唯一無二が売りの部分でもあるし、ダンスが主要な部分だから余計に前見たのと同じとか思われる要素が強い。つまりマンネリだとなってしまう。振付を考える方は辛いですね。振付師を固定せず海外発注でもしますか。そうするとベビメタの世界観に影響を与えかねないし、覚えるメンバーは負担増にもなるし複雑な問題。

森先生 「イヤ東京ドームすごいよね」
https://soundcloud.com/ksjh2dtrmtbl
森センと同席の海外業界人は揃って中元を絶賛の模様。

あと振付問題はよく見ると具体的箇所の説明は一切ない。
実際本当にライヴを直に観た人間の発言かは甚だ疑問ですな。

>>Kami-Metal さん
もの作りをする方々に尊敬の念を持つ者として、すぐに単なるいちゃもんを付けたがる性質の人々が許せず、ついついコメントしてしまいました。
以前(手違いで名無しにしてしまいましたが)小中さんの試論出版に対するやたらと中傷めいた一部のコメントに我慢ならず「恥を知れ」と書き込んだのも私です。
それらも含め、場を考慮せず勢いに任せた書き込みというご指摘には反論できません。
小中さん、また不愉快な思いをさせた皆様、申し訳ございません。

バベル盗用問題を議論したい人は直接あちらで書き込みしなさいな。ちゃんとコメント欄があるんだから。

>H-ZUCCA-METALさん

ファンカム映像の小神ソロと比較検討した結果、この音源の日付はメキシコではなく、2015年8月27日のベルリン公演であると思います。

悪夢の輪舞曲だけカウントが入るので、SU-METALのイヤモニ音源ではないかと推察しますが、定かではありません。

⏩DAN-G-METALさま
ご丁寧にありがとうございます。
イヤモニってあんなふうに聴こえてるんですか。経験がないので不思議に思ってたんですが、ドームの天空ステージでは、あれだけを頼りに振りをつけながら歌ってるんだ。
しかし、みなさんの知識と探究心はすごいですね、いろいろ勉強になります。

小中先生、『BABYMETAL試論』購入し興味深く拝読しております。

正誤表に関連してですが、P.111

「緩みきっていた学院生達に厳しい言葉で檄を飛ばす。」

と有りますが、「檄を飛ばす」は「文書で同意を求める」という意味の言葉で、「叱咤激励」の意味で用いるのは誤用です。
次の機会に訂正して頂けるよう希望します。

参考:NHK放送文化研究所 「檄(げき)を飛ばす」
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/160.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596668/64270087

この記事へのトラックバック一覧です: 「BABYMETAL試論」正誤表:

« 東京ドーム観戦記 | トップページ | 御来場御礼 »