« パワー・バラードの悩ましさ | トップページ | 池谷仙克さんの事 »

2016年10月20日 (木)

フォックス・サイン≒ウルフ・サイン

Wolfsign

 キツネサインの元ネタであるメロイック・サインが、単に「ロニー・ディオがやってたからカッコイイので広まった」(ロニーは魔術マニアだった)以外に現在敷衍している様々な解釈については、このブログでもずっと以前に触れたと思う。
 どうもしかし、これはある特定の時期に論じられたものの様だ。
 先般、80~90年代のロサンジェルスのパンク・シーンを捉えたドキュメンタリ映画「ザ・デクライン(西欧文明の衰退)」三部作をDVDで観たのだが、2作目はL.A.メタル勃興時のメタル・シーンを描いた「メタル・イヤーズ」だ。インタヴューイーとして登場する若い諸バンド・メンバー(現代の目で見るとあまりに恥ずかしい扮装をしている)の談話は、デイヴ・ムスティンを筆頭に何れも、メタル・バンドとしてのアティテュードから全く逸脱しない。音楽雑誌取材の様な(つまらない)談話と同質だ。ポール・スタンレーの場面は、裸の女を数人はべらせ横たわった姿勢を上から撮影している。つまり、「どう他者から見られたいか」というペルソナを体現している。
(オジー・オズボーンや故・レミー・キルミスターといったイギリス勢は例外的に自然体を晒していた)。
 後年サム・ダンが、ミュージシャンとしての本音を聞き出したメタル・ドキュメンタリ諸作のそれとは真逆の取材スタイルだ。というより、サム・ダンはそれを狙ったとも思える。

 しかしドキュメンタリとしてつまらない訳では決して無い。監督(ペネロープ・スフィーリス/後に『ウェインズ・ワールド』を撮る)は特にガター・パンク(ホームレスなパンクス)の心情に沿ってフィルムを回している。全ての映画の冒頭は、登場ミュージシャン全員にステージ上で言わせる「客席も撮影するけど文句言うなよ」宣言をモンタージュしており、キャメラが記録している事を意識させた上で被写体を捉える姿勢は、モダンなドキュメンタリの王道的な手法でもある。
「メタル・イヤーズ」に、流行り始めていたメロイック・サイン(まだその呼称は使われていない)を説明する場面があるのだが、ティッパー・ゴアのPMRC関係者らしき女性はサインをレンズに向けて作り、「このサインには6,6,6が含まれている」と得意気に述べる(だから悪魔的でありヘヴィ・メタルは社会から排除すべきという主張)。
 流石に「アホですか」と漏らさざるを得なかった。ならば、普通のピースサインであっても3本の指が折られている訳で、これまた「666」なのだから。

 ともあれ、あのサインは最初から悪魔信仰とはほぼ無関係なのであった。

Advisory_2

 暫く前、National Geographicチャンネルで「血塗られた遺物」というドキュメンタリーを見ていた。今年製作の新作で、ISISによって破壊された古代文明遺跡の一部や遺物の多くが、アンダーグラウンドのブローカーによって欧州各地で売り払われている事を告発するものだった。当然ながらこれらの売却はISISの活動資金となっていた。
 リポーターはイギリスのジャーナリストで、やや危険な潜入取材も試みるのだが、キャメラに決定的な瞬間を収める事は出来ず証言構成が主となっていた。
 ロンドン市内でも遺物を売る業者がおり、それを仲介しているらしいブローカーを突き止め、そのブローカーはトルコ人だった。
 その人物が映った画像をPCで見ると、リポーターは通訳の女性に「これ、何のポーズ?」と訊ねる。「ヘヴィメタル」そう言って女性はメロイック・サインを作って見せた。しかし画像に写っている男のポーズはそれではなくキツネサインだったのである。

 はて、トルコ人のキツネサインというのは見覚えがあるなと、衰えつつある記憶を手繰ると、ジャン・レノ主演の映画だった事をやっと思い出した。
「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」(2005)は、ジャン・レノが以前主演した「クリムゾン・リバー」と同じ原作者の小説を映画化したものだ。記憶を喪失した主婦が、自分に覚えのない整形跡を見つけるスリラーと、違法移民連続殺人事件を交錯させた映画で、ミステリとしてはあまり良い物語と言えない。
 この映画の「悪の組織」として登場するのが「灰色の狼」という実在のオスマン帝国主義トルコ極右組織で、彼らのポーズが「狼」を模した件のサインなのである。映画ではそれについてはさらりと触れるのみだった。
 その組織の思想性等はさておいて、トルコの周辺国では件のサインはその団体を象徴するものとして広くではないだろうが、知られている様だ。

 さて、この様な事があるからと言って私は当然ながら、ポリティカリーにインコレクトだとか、アンスータブル(不適切)だなどと言ってBABYMETALはキツネサインを控えるべきとは考えない。『META!メタ太郎』には指を伸ばした腕を斜め前方に差し出す振りが、敬礼と交互に実行されるパートがある。瞬間的にではあるがローマ式敬礼に見える事から、ドイツでこの振り付けは拙いのではという声があった。しかし何の問題もなく、この振り付けのままドイツでもパフォーマンスする事が出来た。
 長らくドイツ国内では発売禁止であった「わが闘争」が遂に多大な注釈入りで復刊され、状況は変化しているのだが、あの敬礼については今も尚タブーとなっている。フィル・アンセルモの近年最大のヘマであった「ホワイト・パワー」宣言は、あのポーズ付きだった事も問題視されたのだ。

 

 外国語の歌詞がその国の言語としては不適切な音韻に近い、という理由で変更されるという例は、過去に幾つかあった。今のところ幸いにしてBABYMETALにその様な事例は無い。
 キツネサインばかりではなく、MIKIKO-METALの創造性から生まれたポーズやサインの中には、他国の文化で何らかのタブーに触れる様なものが無いとも言いきれまい。
 そして、アメリカも欧州も、ISISによるものばかりではない殺傷事件は頻繁に起きている。
 そんな時代に、無防備な少女達を海外遠征させる事について、事務所がどれだけ胃を痛めるかは容易に想像もつく。
 テロばかりではなく、政治的に今欧州は極めて不安定になっている。
 しかしそうだとしても、今、BABYMETALは「なんじゃこりゃ」と多くの笑顔を作りに海を越えている。

 何らかのタブーに触れる危険はあるとしても、それでも歌で、振り付けでBABYMETALは異国の人々に強く語りかける。タブーの危険があるからとモラトリアムに陥っている無気力さ、無関心さの方が遥かに危険なのだ。
 今は音楽の嗜好性という、社会に於いては左程の問題とはならない領域でああるが、BABYMETALは壁を突き崩し続けている。「◯◯は××でなければならない」という固定観念を破壊し、「こ、これもアリかも」「いやこれしかない」という意識の変化を起こし続けてきた。
 その意識変化の対象が、社会全体にまでフレームが広げられたなら、きっと今よりも平穏な気持ちが持てるに違いない。
 BABYMETALが、「BABYMETALというジャンル」を否応なく確立した事を周知させた時、社会に於けるダイヴァーシティ(台場のZeppがあるビルの事ではなく「多様性」)が真の意味を持つのだろう。



« パワー・バラードの悩ましさ | トップページ | 池谷仙克さんの事 »

コメント

お忙しい中の更新、有難うございます。

なるほど、トルコではフォックス・サインはウルフ・サインと受け取られる可能性もあるんですね。「所変われば、品変わる」ってヤツなんでしょうね。

彼女達の場合、未成年でメタルというジャンルで勝負している以上、他のジャンルよりも心配ではありますね。ベビメタの名前が、これだけ欧米で浸透してしまうと特に。

2014年の欧米進出時、私が心配したのは

1.ヘドバンギャー!!の「土下座ヘドバン」→奇異の目で見られないか?

2.メギツネ(狐)のお面→東洋人蔑視のツリ目と見られないか?

の2点でした。

実際のところ、この2点について欧米人がどう感じているのか分かりませんが、土下座ヘドバンは向こうのファンも楽しんでいるようですし、
狐のお面を被った女性ファンが2015年のオーストリア・フェスでツイに写真をUPしてたりしてたので、時代はドンドン変わっていくんだなあと思いました。

今の世相だと、やはりライブ中のテロが一番の脅威でしょうか。今年の米ワンマン会場で金属探知機の写真がツイでUPされてましたが、欧州でもやって欲しいですね。
そういった意味では、3人にtwitter等SNSをさせない方針というのは正しいと思います。

フィル・アンセルモの発言は、しっかり映像も出ちゃいましたからね。 
出演予定のフェスから締め出しくらったり、社会的制裁受けたのは当然でしょう。
まあ、パンテラ時代からスキンヘッドだったので「さもありなん」と言ったトコでしょうかw

でも彼はLOUDNESSの高崎氏をリスペクトしており、2014年のLOUDPARKで共演も果たしているので複雑な面もありますね。


BABYMETALの歴史において、
メロイックサインが、キツネさんになってしまったのは、
全くの偶然の産物でしかなかったのでしょうが、
(いったい、三人のうち誰が「キツネさんだぁ」といったのでしょう?)
このことがもし無かったら
名曲メギツネも、キツネ様も、
もしかしたら今のこのヒットも無かったのかもしれません。
このことが、結果今のBABYMETALの世界観に、
ムーブメントを起こしたというのは
全く偶然というひとことでは語れません。
単にメタルのアイコンであるメロイックを超越してしまいつつある
というのは時期早尚でしょうか?

ちなみに「父兄」という単語も、ポリティカルコレクトネスの観点から、実際の学校現場ではかれこれ30年ほど前から「禁句」となっております。

キツネという仕掛けが海外で意外にスムーズに受け入れられたなあと思います。
誰もが簡単にできるサインを持つというのは非常に強力なファンを形成する助け
となりますし、交流もしやすい。まさに言語を越える。
海外ではメイトというよりはキツネたちとか呼び合うようです。

「Oh my FOX GOD! 」とか一般的なフレーズにも親和性が高いし、OTFGKも完全に
定着しているようですし。

おまけにメゾンキツネやキツネタブロイドのおかげで、音楽やファッションの世界でも
受け入れやすい要素になっている部分はあるのかと。(いや、ちょっとはありますて)

それにしても小中さん、
-ダイヴァーシティ(台場のZeppがあるビルの事ではなく「多様性」)-
こんな書き方はもうネタ要素を入れるのが習慣になっているのかとお見受けします。
「しっとるわい!」という暖かい突っ込みがあちらこちらから・・。

UK発音、SU-METALさんと足並み揃ってますね。

 文化・歴史的な背景はさておき、の雑談ですが。
 何かの小説(乃南アサさんの「凍れる牙」だったような)で読んだのですが、狼と犬(あるいは狐など)との違いは、胴体に対して頭の位置が平行、というか同じ高さにあることらしいです。対して(犬や)狐は、頸部が後屈して頭が持ち上がっています。そこで、「影絵のキツネ」にみえる、というのは、手関節が背屈している(手の甲側が上に反っている)事によると思うのです。
 で、何が言いたいかというと、BABYMETALのキツネサインというのは、前腕も含めた、手首を反らせている形なのだろうと思っています。小西先生のご本の表紙もそうですよね。
 彼女らの(特にSU-METALの)上下肢関節(肩、肘、手首、指節)の過伸展度とあいまって、キツネサインは、より独特のものに見えるのではないでしょうか。

ハンドサインも人を動かすコトバのひとつという話ですね。
独特のキツネサインをあえてメロイックサインに代えて使うのは
西欧の悪魔信仰とはベースが違うことを表明してるのだと思います。

この日本人的なやり方(作法)については
普段は地味なユイメタルがウェンブリー講演後に自信とも覚悟とも受け取れる言葉を残しています。

【yuimetal only】BABYMETAL WORLD TOUR 2016 Omnibus. (yuimetal総集編)
https://www.youtube.com/watch?v=rlexkh7QX3g
「BABYMETALの音楽はハードな音楽とメタル音楽に日本のポップとサウンドをブレンドしたものです」と、ユイメタルは自分たちの魅力を説明して、こうギグワイズに語った。「私たちが日本から来たのでなければ、まったく違ったファンを持つまったく違ったバンドになっていたでしょう。私たちは日本人であり、私たちはBABYMETALなんです」

元記事はこちら。
BABYMETAL on fighting back, Metallica, Limp Bizkit + their journey
http://www.gigwise.com/features/106238/babymetal-interview-on-metal-resistance-wembley-karate-metallica

今更のコメント失礼します
今話題の欅坂のナチスの軍服風衣装の件で、海外メディアやユダヤ系団体などに拡散し、事を大きくした首謀者が、以前のTwitterのアカウントでベビメタの事を軽く否定するツイートをしていた人なんです
その上しばき隊のリーダーがそのツイートに賛同していました
ベビメタも気を付けないと狙われるかもしれないです

ベビーメタルの破壊力とキツネが結びつかなかったんですが、稲荷から大黒天、大黒天からインドのシバ神へとルーツをたどることで、スーメタルに乗り移る神が、破壊と創造の神であるシバ神ではないかと思うようになりました。
シヴァは踊りの神様でもあり、第3の目は森羅万象を見通し、邪悪なものを焼き尽くす
能力があるそうです。
イルミナティーを滅ぼすために、ベビーメタルを通して神様が動き出したのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596668/64375492

この記事へのトラックバック一覧です: フォックス・サイン≒ウルフ・サイン:

« パワー・バラードの悩ましさ | トップページ | 池谷仙克さんの事 »