« 浅田真央に癒やされる | トップページ | 「何度でも」 »

2014年7月31日 (木)

MAO-A

また長く更新出来なかった。
ガザでエスカレートする戦闘、ウクライナのマレーシア機撃墜と、CNN Breaking Newsを付けっぱなしにする日々が続き、平常放送に戻ると、今度は佐世保で事件が起こった。
こういう事があると私は可能な限りの情報を得ようとする。
上に挙げた様な事柄について、私がフィクション、ノンフィクション問わず題材に何かを著す事は殆ど有り得ないのだが。

サッカーのワールドカップが終わったのも遠い過去の様だ。
つい先日まではツール・ド・フランスが行われており、連夜私はニュースと平行して観ていた。

私がそうしている間に、浅田真央が主役であるTHE ICEが開催され、行けるファンの人は最高に楽しんだ筈だ。
テレビでも放送されたのだが、今日までまだ観られていない。

自分でもよく判らない心理だが、浅田真央の演技を観たい、と思うには平常心が必要であるらしい。心騒ぐ時期に観ても、心から愉しめないという気がしている様だ。

前に浅田真央の演技と彼女自身の存在に心癒やされるとも書いたが、あまりにリアル・ワールドで生々しい出来事がある時期では私には難しい。

今年のTHE ICEでは、数年ぶりに浅田舞との姉妹プログラムが披露された、だとか、ジェフリー・バトルとのコラボでは<あの>ボレロを滑っただとか、ダンス対決ではフランスのマエ=ベレニス・メイテが大活躍しただとか、ネットの情報を少し読んだだけでも心躍らされたのだが、録画を観られるのはもう少し先になりそうだ。



そういう日常の中で犯罪心理について調べ直していたのだが、人の脳の中では様々なフェイズの活動があって、エラーが起こる。
その中でも神経伝達物質について言えば、セロトニンという神経伝達物質は重要なポジションにある。有り体に言えばこれが過剰になると、人は攻撃的となる。
また、鬱やパニック障害などに対処する薬は、セロトニンの吸収阻害作用を原理とするものが多い。

本来人はセロトニンを分解するモノアミンオキシターゼAという遺伝子を持つのだが、この作用が弱い男性が幼児期に虐待を受けると、反社会的な行動をする率が高まると言われている。完全に欠如した者は攻撃的になるというのだ。
※あくまで条件の話であり、この遺伝子の有無だけが結果を生む訳ではない。また女性の場合、非活性なこの遺伝子を持つ人の方が幸福を感じているという研究結果もある。

そして、この遺伝子の略号がMAO-Aなのである。
脳の器質と犯罪心理などについて調べると、幾度もこのMAO-Aという言葉を目にする。

だから、こじつけて、人を幸福にするコードがMAO-A(即ちMAO Asada)なのだ、などと口が裂けても言うつもりはないのだが、しかし無意識な領域では「やはりそうだよなぁ」と思ってしまっているのだ。

久しぶりにアップした文がこんなで本当にすいません。

« 浅田真央に癒やされる | トップページ | 「何度でも」 »

コメント

>人を幸福にするコードがMAO-A(即ちMAO Asada)なのだ

まさに!その通りです!(笑)
ザアイス大阪千秋楽行ってきました。
夢の国!帰ってきた今では抜け殻のような日々です。
スケーター、観客、スタッフ、関わる全ての人たちが笑顔と幸福になれる場所。
どのスケーターも素晴らしくどの選手にも惜しみない拍手を送りました。
しかしその中でもひときわ輝く光。暗闇の中にいても一目でわかるその光。
真央は光そのものでしたよ。絶対発光体です。キラキラ粉ふりまいてました。
ゴスペルは世界平和を願うローリーの祈りでしょう。
以前ローリーは真央本の中で言っていました。
「真央のスケートを見て、楽しくなったり、幸せになったりした人は、演技を見終わったあと、ほかの人に優しくなれると思います」
「そういう効果があちこちで働くということは、少しずつ、世界を平和にできる力が働くっていうことだと思います」
真央にはその力がある。スケートを続けなくてはだめ。というローリーからのメッセージだと思いました。
もちろんどの道に進んでも彼女が幸せならファンはそれが幸せです。

もし機会がありましたら、来年があれば、ぜひ行ってください。
世界平和のために一人でも多くの人に真央の生の姿を見てほしいです(笑)
ザ・アイスは老若男女、どの世代の方にもお勧めできる素晴らしいショーです。

くなか先生!新作はまだ?⊂((・x・))⊃
時々夢の中に出てきて励ましてくれてありがとうございます( ^ω^ )

お久しぶりぶりです。
MAO-Aコードのお話に、なるほどと思わされました。やっぱり真央ちゃんは、素晴らしい奇跡のような存在ですね。これからもブログを更新されるのを楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅田真央に癒やされる | トップページ | 「何度でも」 »